笑って楽しめるけどやっぱり戦争体験談「水木しげるのラバウル戦記」~終戦記念日前には読んでおきたい1冊。





昭和20年8月15日 終戦の日(終戦記念日)。

 

実は14日に
すでに戦争は終結していたのですが・・・・とそれは置いといて

今年もNHKで戦争特集をやるでしょうか?

 

そんな訳で
ゲゲゲの鬼太郎の生みの親 水木しげる先生も戦争に行っており
その体験談を綴った本・戦争実体験を元にした
絵日記風の少し変わった本を読みまいた。
 
 

戦場の悲惨さを
面白おかしくと言うと変ですが
のほほんと描いてます。

 

ぜひ、機会があれば読んでほしい
おすすめの本です。
 

ルゥーの一言感想
戦地で余裕ありすぎ・・・

戦争体験を語るが悲惨な体験ばかりではなく
面白エピソードが魅力的な1冊。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

    著者 ・ 水木しげる

 

    本名 武良 茂(むら しげる)

 

1922年~2015年 享年 93歳 

言わずと知れた「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親。

 

子供の頃はガキ大将。

 

仕事に就くが毎回2ヶ月でクビとなる。

 

仕事を覚えられない配達途中職人の手仕事に
気をとられ仕事をわすれ見物するなどが主な原因。

 

その後、職に就くのを諦め
大阪府立園芸学校を受験。

 

 自身満々で絶対合格を自負。

 

しかし、父が確認したら不合格であった・・・

 

とまぁ、マイペースでかなりの楽天家、そして面白い人。
『引用:Wikipedia』

 

タイトル「水木しげるのラバウル戦記」
 
1997年 発売
 
ページ数 232p 
 

水木しげるのラバウル戦記
総合評価
レビュー件数 49件

 

読書中、腰が辛い・背中がはる・猫背で困っている そんな人に美姿勢座椅子

水木しげるのラバウル戦記~あらすじ

 
鳴らないラッパを吹く毎日に嫌気がさし上官に
「やめたい」と直談判上官から返ってきた返事が
「南方がいいか?北方がいいか?」

 

 
南方戦線は敵が上陸 進行中の激戦区だった。
 

 
しかし、何も知らない下っ端二等兵水木は
迷わず南方と答えた。
 
(多分、陽気で温かいという単純な考えからだと思う)
 

初年兵(新米)として船で内地を離れまずパラオへ。
 

 
船内で彼は言った。
 
「なんだパラオか・・ラバウルじゃないんだ・・・」
 

この一言で何故か上官に生意気な口をと
往復ビンタがビビンっと炸裂・・・
 

 
頭の中は??・・・で一杯だが

 

水木は

    「ご注意、ありがとうございます!」

 
そういう時代だった。
 
 
 
こういう性格ゆえか彼は事あるごとに上官に
ビンタ ビンタの日々を送った・・・

 

 
上陸した頃は行軍の毎日そんな中でも原住民と
仲良くなり野菜を分けてもらったりパパイヤを
採ったり見慣れない鳥や虫景色に気分はウキウキの時もあった・・・
 
 

しかし、鬼軍曹にわけのわからない理屈で
ビンタをビビンと10発もらったり
同じ小隊の仲間がワニに喰われて
いつの間にかいなくなったり
嫌な事不気味な事もあった。

 

そして、激戦区ラバウルでは片腕を失い
現地の野戦病院に送られるがマラリアにかかり
厳しい環境でついには気が狂いそうになり
死をも覚悟するも原住民の手ほどきもあり彼は復活する。

 
 
 
原住民との交流は深まり 最後には現地に残り
現地除隊を本気で考えた。
 

 
 
激戦区に送り込まれた水木しげるの戦争体験談が
絵日記 で綴られる。





水木しげるのラバウル戦記~感想

 
とてもこれから戦場に行くとは思えないほど
楽天的すぎる。

 
 
マジかって思うほど・・・

 
まるで修学旅行にでも行く感じで
集団行動の中、単独行動ばかりとる
そのせいで上官からは目をつけられて
何かと上官に殴られるまくり、読んでる方は笑えて読めます。

 
 
 
中でもパラオからラバウルに出港する際
船で水木が監視役をしてる時敵潜水艦から魚雷が発射

    「魚雷だーっ」と叫ぶが
    誰にも聞こえず シ~ン ・・・・
    仕方なく、その魚雷を観察・・・・

 

 
 
おもわず 吹き出してしまった。
 

 
まぁ、船は上手いこと魚雷をかわしたみたいですが・・・

 

その状況で観察って・・・面白すぎ。

 

とても面白い人で上官に殴られる理由も中々です・・・

 

しかし、そんな面白い絵日記ばかりではなく
やはり戦争・・・

 

慰安婦の事や同じ小隊で死んでいった仲間について
人間の生と死の不平等差をサラリと語ったりと
真面目な語りもあり、この人は戦争に行ったんだ
地獄を見たんだと 思わせる所もあり
読んでて戦争を教えてくれます。

 

最後にのせてるスケッチの数々は
戦争の生々しさが伝わる絵ばかりでした。 

 

 

230ページとわりと少ないページ数で
絵日記風(上段に絵 下段に文)の構成
文章も短く簡潔にまとめてあるので
読みやすかったです。

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
おすすめの記事