赤い小型の車 

今回は、僕の好きな俳優の一人

    「マイケル・j・フォックス」。

 

ユーモラスでコミカルな演技が光る
ハリウッドスターで映画の中で見せる笑顔が
とても素敵な俳優さんです。

 

コンプレックスでもある自身の身長ネタを
上手く笑いにかえる所や飾らない、
気取らない雰囲気が一般人ぽく、
とても身近に感じられたハリウッドスターでした。

 

    彼の闘病生活を綴った本「ラッキーマン」

ずいぶん前に読んだ本ですが、いい本
なので紹介します。

 

ハリウッドスターとして俳優として
まさに人生で絶頂期のさなかに起きた不幸。

 

パーキンソン病と彼の出会い、
その闘病生活の中で自らの生い立ちや
家族、仕事についてを語ります。

 

    彼が長い闘病生活の中で見つけた
    ラッキーとは?

 

ルゥーの一言感想
立ち上がる強さをくれる!

過酷な闘病生活の中で見せた
マイケル・j・フォックスの考え方や
生き方から学べるものがある。

どうせ自分なんてと捻くれて捻じれた時こそ読んでほしい。

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

    著者・マイケル・j・フォックス
    (Michael J. Fox)
    1961年生まれ

 

カナダ・アルバータ州・エドモントン生まれ
俳優、プロデューサー、作家。

 

    本名はマイケル・アンドリュー・フォックス。
    (Michael Andrew Fox)

 

カナダ出身のハリウッドスターのちにアメリカ国籍を
取得し2重国籍となる。

 

15歳からカナダのテレビに出演するようになる。

 

18歳でアメリカへ渡り、4年後、主役の
アレックス・キートンを演じたテレビドラマシリーズ

    『ファミリータイズ』のヒットにより一躍全米に顔が知れ渡る。

 

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの
主人公マーティ・マクフライを演じ、
同シリーズの大ヒットによりハリウッドスターの
仲間入りを果たした。

 

コメディセンスに定評があり、
エミー賞コメディー部門主演男優賞では

    『ファミリータイズ』で3回(3年連続)と
    スピン・シティ』で1回、計4回の受賞歴がある。

 

30歳の時、パーキンソン病を発症。

 

    1998年に病気を公表。
    2000年にはテレビドラマ『スピン・シティ』を
    降板し俳優活動から退いた。

『引用:Wikipedia




 

  • タイトル・ラッキーマン
  • (訳・入江真佐子)
  • ページ数・約414ページ
  • 発売日・2005年2月19日
  •  

     
    ラッキーマン
    総合評価
    レビュー件数 80件

     

      

    ラッキーマン~あらすじ

     

    30歳の若さでパーキンソン病を発症した俳優
    マイケル・j・フォックス。

     

    パーキンソン病とは・・・
    高齢者に発症が多く、主な症状は

      本人の意思とは関係なく勝手に手足が
      震えだす病気。

     

    この病気の事実を知った時、

      彼は家族や仕事を考えその先の人生に

    暗い影を落としつつあった。

     

    若手スターとして絶頂期でもあり

    プライベートもまた妻トレーシー・ポランに

    一人息子長男サム家族にも恵まれ

      幸せな彼に突如としてふりかかった不幸な出来事・・・

     

    発症して10年もの間彼はこの病気を世間から隠し
    この病気と闘いながら俳優としての仕事をし続けた。

     

      マイケル・j・フォックスがこの病魔について語り
      パーキンソン病をどれだけ憎み
      自分の人生に「なんで」と問いながら

     

    家族、友人、妻に支えられながらの
    闘病生活の中で彼が見つけたものとは・・・?

    ラッキーマン~感想

     

    子供の頃、金曜ロードショウで

      「バックトゥ・ザ・フィーチャー」

    を見たのがきっかけでこの俳優さんが好きに
    なりました。

     

      ドク・ハリウッド
      摩天楼はバラ色に
      ハード・ウェイ
      ライフ・with・マイキー
      そして、さまよう魂たちを最後に

    彼の作品を見かけなくなりました。

     

     

    その後、彼の病気については何年か前の
    ニュースを見て知りました。

     

    病気の為、映画出演は控える様な事を

    言っていたような気がします。

     

    そんな、こんながあり彼のこの本を見かけて
    購入しました。




    最初の数ページで小指の痙攣について

      不思議な現象の様に語り
      徐々にそれが恐怖に変わり
      まさかこんなことになるなんてと描かれ

    左手小指のわずかな痙攣から始まった彼の
    パーキンソン病。

     

    マイケル・j・フォックスの

      生い立ち俳優になったきっかけ
      人生が描かれており

    苦悩しながらなんとか

      この病魔をなんとかしよともがく姿が
      悲劇的でしたが、多くの事で妻に助けられ

    家族の為に戦い続ける彼が映画の中で見る彼とは違い

    俳優マイケル・j・フォックスの違う一面を
    見たようで良かったです。

     

     

    また、文章の中にもしっかり

      マイケル・j・フォックスらしいユーモアがあり

    厳しい闘病生活も持ち前の明るさで

    乗り越えていく様が映画の中で見る俳優

      マイケル・j・フォックス、

    を久々に感じられました。

     

     

    今では、俳優業も復帰し

    今後の活躍も楽しみなハリウッドスター、
    マイケル・j・フォックスです。

     



     

     

    こんな本も読んでます。
    スポンサーリンク
    おすすめの記事