Ohuhuはおすすめしない理由とは?Ohuhuとコピック 買うならどっち?Ohuhuをおすすめしない理由とは?

コスパ最強として知られるOhuhuですが
個人的にはおすすめしません。

 

コピックよりも安価でコピックと同じように
色塗りができ多彩な色がそろっています。

ですがおすすめしません。

 

Ohuhuを買うなら少々高くてもコピックセットを
購入した方がいいです。

 

Ohuhuおすすめしない、その理由を順番に
解説していきたいと思います。



Ohuhuとは?

 

 

Ohuhuイラストマーカーシリーズは、
[低価格で高品質]を魅力に、世界15ヵ国以上で販売。

プロのアーティストからも支持されています。

 

豊富なカラーと様々なセットを展開し、
初心者でも扱いやすく、だれでも気軽に
楽しむことができるイラストマーカーです。

 

『引用:Amazon

 

Ohuhuは772色もの豊富な色がそろっており
持ちやすい丸みのあるデザインです。

筆先もペンタイプのマーカータイプと
コピックのような筆タイプと
太字・細字タイプがあります。

 

インク容量は1本あたり3.5g。

300m以上塗れるほどのインク量が入っています。

 

耐久性にも優れているためイラスト初心者の
方にもおすすめです。

 

詳しくはOhuhu公式サイト
にてご確認ください。

 




Ohuhuはお得?

 

772色もの豊富な色に筆先のタイプも塗り分けれる
よう多彩にあります。

また、Ohuhu1本に入っているインク量も
300m以上塗れるほどのインク量がはいって
いますのですぐインクが無くなる事もありません。

Ohuhu48色セットで約3500円ほどで購入できるほどの
(1本約78円)コスパの良さです。

ちなみにコピックは
スケッチなら1本376円
チャオなら1本247円に
なります。

コピック購入については下記の
記事も参考に
してみください。

 

 

ですが僕はOhuhuはおすすめしません。

Ohuhuのセットを購入するなら
コピック(スケッチ・チャオ)セット36色の
購入をおすすします。



  

Ohuhu購入してみました(感想と画像)

 

僕も実際にOhuhuを購入しました。

Ohuhu 筆タイプ インク 色 おすすめ 48色 イラスト おすすめ 筆 太字 ブレンダー 描きやすい インク詰め替え  やり方

 

コピック1本も高いので無い色の代用として
バランスの良い48色セットを購入してみました。

青、緑、ピンク、黄色、
グレイと色塗りによく
使う色がそろっています。

 

 

 

セット内容は
Ohuhu 48色(ブレンダーペン1本)
説明書、
カラーの見本ウォッチカード付です。
Ohuhu 筆タイプ インク 色 おすすめ 48色 イラスト おすすめ 筆 太字 ブレンダー 描きやすい インク詰め替え  やり方

 

ペン先はコピックと同じ筆タイプと太字マーカー
になります。
Ohuhu 筆タイプ インク 色 おすすめ 48色 イラスト おすすめ 筆 太字 ブレンダー 描きやすい インク詰め替え  やり方

 

コピックスケッチよりもOhuhuの方が太く
少し長めです。

 

総合評価
4.4
レビュー件数 317 件(2022年時点)

 

総合評価
4
レビュー件数 2件(2022年時点)

 

感想

 

色はコピックとほぼ同じ感じですのでコピックと
Ohuhuを併用して
使うとコピックを買うより安く済みます。

が、使う場面が少ないです。

 

これだけ色があっても微妙に求めていた色と違って
いたりして結局コピックで色を
探す羽目になります。

ほしい色のコピック1本買うよりOhuhuセットで色の
代用を考えていましたが、ちょっと思っていたよう
にはいきませんでした。

【XP-PEN】でイラスト・マンガを描こう!

Ohuhuをおすすめしない理由とは?

 

Ohuhuをおすすめしない理由のはなぜか。

実際に購入して使ってみました。

その中でOhuhuについて気づいた事がいくつかあり
おすすめできないかなと思った理由です。



インクの補充ができない。

 

Ohuhuはインク量1本あたり3.5gは距離にして
300m以上も塗れる量のインクが入っています。

ですがあまり使わない色を長期放置すると中の
インクのアルコール成分が揮発し筆も
ダメになってしまう事があります。

 

コピックでもこういった事がいままで何度か
ありました。

 

ですがコピックならインクの補充、筆(ブラシ)
の交換が可能ですのでまた使えるように
なります。

下記の記事も参考にしてみてください。

 

筆先の交換品がない。

 

これもインク同様Ohuhuにはブラシなどの交換品が
ありません。

Ohuhuはばら売りしていないのでダメになったペンが
欲しい場合はセット購入でしか手に入りません。

 

コピックのように1本だけのばら売りがない。

 

Ohuhuにばら売りはなくセット売りが主です。

ほしい色があってもセット購入になって
しまいます。

 

Ohuhuには肌色など、ほぼ全ての色がそろっている
120色セットがありますが約1万ほどになります。

コピックチャオの36色セットとほぼ同じ価格に
なります。

 

Ohuhuの方が色も多くお得のように感じますが、
インクやブラシの交換が可能なチャオもしくは
スケッチのセットの方が将来的に見ると便利だと
思われます。



コピックのように色の明るさや色相(しきそう)がわかりにくい。

 

コピックでは番号で色の明るさが決められています。

グラデーションする時どのコピック(番号)で
塗ればいいかわかりやすく表示されています。

 

色相とは
赤、青、緑のような
色味の違いのことを
表します。

詳しくは下記のサイトで
ご確認ください。

 

 

 

コピックは16種類の色相をもつ全365色の
アルコールマーカーです。

色記号・色系統・明度によって番号で区別されて
おり、ほしい色を見つけやすく感覚的に色を感じ
取れる作りになっています。

 

Ohuhuにはコピックのような番号による区分が
されていませんので色選びにかなり迷います。



まとめ

 

Ohuhuは安くてコスパの良いアルコールマーカー
ですが、インクの補充、ブラシの交換部品が無く
ほしい色1本から購入できない事や
色相や明度による色選びの使い勝手の悪さなど
長い目で見るとやはりコピックがいいかなと
思いました。

 

コピックのインクの消耗を抑えるために
Ohuhuはメインで使うよりも背景の色塗りや
単色の小物などに使う事が主になっています。

 

確かにコピックよりも安くてコピックの
代わりにもなりえますがメインで使うにはちょっと
使い勝手が悪いかなと思います。

以上に事からOhuhuはおすすめしません。

 

Ohuhuのセットを購入するより、先の事も考えると
コピックセットの購入を僕はおすすめします。

Amazon

 

総合評価
4.5
レビュー件数 446 件(2022年時点)
楽天市場

 

総合評価
4.7
レビュー件数 57件(2022年時点)

 

こんな記事も書いてます

 

 

 

 

 




 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
おすすめの記事