ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ悪魔




    ルー=ガルー1~忌避すべき狼の続編であり

前回のメンバーと新キャラを加えての新たな物語

    ルー=ガルー2~インクブス×スクブス・相容れぬ悪魔。

 

前回ルー=ガルー1は食人のお話、

 

そして今回は「毒」のお話 ・・・

 

今回のルーガルー2は京極シリーズ・邪魅の雫と
僅かなりのつながりをみせてますので邪魅の雫
読んでみるとストーリーの原点が垣間見えます。

 

ルゥーの一言感想
夏休みにおすすめの1冊

分厚い本だけど10代女子達のはっちゃかめっちゃかな
ストーリー展開から紡ぎだされる女の友情に
ミステリアスな物語が本の分厚さを忘れるぐらい
楽しめる1冊。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

作家 京極夏彦

 

1963年 3月26日生まれ

 

京極夏彦 北海道小樽市 出身

 

気まぐれで書いた小説がデビュー作に
余りの出来の良さに
編集者もプロの書いた悪戯と思い込み
返事をもらった京極も悪戯と思った。

 

デビューは31歳 多才な才能を持ち
気まぐれで小説家になった方です。

 

    デビュー作 「姑獲鳥の夏

百鬼夜行シリーズ第1弾にあたり
これ以降1000ページを超える小説から
レンガ本など と評される。

『引用:Wikipedia』

    タイトル ルー=ガルー2~インクブス×スクブス・相容れぬ悪魔
    ページ数 約 ・ 605p
    2011年 10月14日 発売
ルー=ガルー2
総合評価
レビュー件数 12件
 

ルー=ガルー2~あらすじ

前回の事件から3ヶ月・・・

 

巻き込まれたとはいえあれほどの大事件を起こしたにも
かかわらず少女達は普段の生活を送っていた・・・

    傷害致死
    殺人罪
    銃刀法違反
    住居不法侵入
    建造物破壊
    不正情報略取及び操作

 

などなど・・・

 

本来なら少女達4人に課せらる罪である。

 

しかし、事件の真相が世間に知れるのを

良しとしない政府が彼女たちを罪に問う事はしなかった。

 

その代わり特務機関国家総合警察公安部十課の
監視下におかれる立場となった。

 

    特に危険視されたのは問題児の天才ハッカー
    都築美緒であった・・・

そして、今回の物語は前回の事件で被害者だった

 

来生律子(きずぎ りつこ)の元に小瓶に入った
未知なる毒を手渡しに来た作倉雛子(さくら ひなこ)。

 

作倉雛子の脅えるような様子に
心配する来生は断るに断れずその毒を受け取った。

その一件を前回の事件で知り合った

    都築美緒

に相談した。

 

理由は都築美緒が頭がいいからである・・・



毒を受けとった都築美緒は

    「設備のあるどっかに忍び込んでどんな毒なのか分析する」

 

そう言って来生の家を出た・・・

    その数日後・・・

コミュニケーション研修センターで刃物を持った16歳の女児が
警備員5人を相手に傷害事件を起こした一部始終を見ていた者は
その動きは常人の動きではなかったという・・・

 

そんな事件が起きた中、来生律子の家が泥棒に荒らされ
さらに都築美緒の家が爆発・・・

 

都築美緒は行方知れず・・・

 

これを聞きつけ前回のメンバーが集結。

 


さらに特務機関国家総合警察公安部十課も動き出す。

 

小瓶の毒を巡って

    来生律子 
    都築美緒 
    神埜 歩未(こうの あゆみ)
    牧野 葉月
    麗猫(レイ ミャオ) 
    橡(くぬぎ) 達が毒の真実を暴く!!

 

 

ルー=ガルー2~感想

 

前回の主人公・牧野葉月は人見りが激しく引っ込み思案で 
ウジウジ考える性格だったのに対して
今回の主人子である来生律子は関西弁で行動力が

    あり物事をはっきり言う。
    そんな、性格のせいか物語がさくさくテンポよく進む。

 

来生律子と都築 美緒のコンビはボケとツッコミのようで
笑えるやりとりの会話でした。

 

あいかわらず都築美緒が
京極シリーズの名?探偵榎木津礼二郎のキャラと被って面白い。

 

まさに、言動・行動・考え方が自己中でメチャクチャであるが
読んでいて楽しい所であった。

 

    都築美緒「毒調べる為ハッキングしまくったら国家機密暴いた。
    自作でプラズマ砲作ったで。これで、暴れるわ。」
    来生律子「あんた・・・滅茶苦茶やないか・・・」
    美緒の家、爆破されて美緒は行方不明
    前回メンバー全員「美緒どこいったの・・・」
    爆破前
    都築美緒(何の毒かわらんからハッキングして国の研究施設忍び込んでくる)

 

   

    来生律子「あっ、なんか・・・設備あるとこ忍び込む
    ゆうとりましたけど・・・」

   
    

    前回メンバー全員唖然 「・・・・・」
    国家総合警察公安部十課一同    
    どんっ!「これだからッ!あのっ女はっ・・・!」

 

などこんな流れが結構好きです。

 

個人的に笑える箇所もあり前回よりも楽しめた
ストーリーでした。




    ただ、京極先生あるあるの
    相変わらず台詞の言い回しがくどいです
    そこだけが読んでて疲れます・・・・

 

未知の毒の謎を巡ってあれこれいろんな組織、団体や
人間が動きまさかの結末にポカーンですが
ストーリー的には意外性があり面白くまとまっています。

 

ページ数が500越えの分厚い本なので長い夏休みを
利用して一気読みするにはおすすめのルー=ガルーシリーズです。

 

前回のちょっとした事件、出来事とも繋がりを
みせているので登場キャラの人間関係、個性などを知るためにも
ルーガルー1から読む事をおすすめしたいです。

 

 

「ブックサプライ」売りたい商品のバーコードからリアルタイムお試し査定!
その場で査定金額がわかる!いますぐ試す→→

こんな本も読んでます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事