小説 森博嗣 封印再度 感想 あらすじ 

S&Mシリーズ第五作目になります。  

 

今回は岐阜県恵那市で起きた事件です。

 

全てがFになる、笑わない数学者と
S&Mシリーズ内では良い作品でした。

 

S&Mシリーズ、結構微妙なトリックが
多いですよね・・・

 

えっそんなのあり、みたいな。

 

そんな中感心するほど良い仕掛けでした。

 




意外な人物が登場!!

全てがFになるを読んだ人なら
ニヤッとなるまさかの
人物がでてくるよ。

なにより今回はやる気の犀川先生の
活躍がみれるのでファンには
ちょっとうれしい1冊です。

スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

作家 森 博嗣(もりひろし)

 

1957年 生まれ 
愛知県 出身
 元 名古屋大学助教授

 

38歳の時『冷たい密室と博士たち』を応募
これが編集部の目に止まり
次作を要望され 「すべてがFになる」が
出来上がる。

 

当初 デビュー作は

『冷たい密室と博士たち』であったが
2作目の 

「すべてがFになる」のほうがインパクトが
強かった為
デビュー作は「すべてがFになる」になった。

 

以降も大学で
勤務しながらハイペースで作品を発表。

 

2005年 大学を退職。

 

同時期にデビューした京極夏彦とは
交友関係にある。

 

2002年 
PS1ですべてがFになるがアドベンチャーゲーム
すべてがFになる ゲーム化

 

2008年 押井守監督により
スカイ・クロラ
映画化

 

2014年 ドラマ化
武井咲と綾野剛のダブル主演
S&Mシリーズより5作品2話完結で放送。

 

2015年 すべてがFになる が初のテレビアニメ化
全11話。『引用:Wikipedia

 




タイトル:「封印再度」

 

2000年 3月発売

 

ページ数 約 560

 

封印再度
総合評価
レビュー件数 39件




「封印再度」~あらすじ

 

久々に再会した儀同世津子から
ある興味深い不可思議な話を
聞いた西之園萌絵。

 

その不可思議な話とは鍵の入った壺

    「天地の 瓢(こひょう)」

鍵の掛かった箱

  

    「無我の匣 」

この鍵の掛かった箱(無我の匣 )の鍵が
壺(天地の 瓢(こひょう))に入っているという
鍵を取り出そうにも壺の入り口がせまく 
どう考えても普通には取り出せないのだった。

 

萌絵は1つの質問を投げかけた鍵は元々外に
あったのか中にあったのか・・・?

 

それに対し儀同は50年前壺のもち主である
香山風采は息子・香山林水の前で
鍵と壺(天地の 瓢(こひょう))
鍵箱(無我の匣 )を見せたと語った。

 

 

そして、風采は鍵箱(無我の匣 )の鍵を
壺(天地の 瓢(こひょう))の中に入れておく
鍵箱(無我の匣 )を開けたくば鍵を
壺より取り出し開けよ。 

 

しかし、決して壺を割って開けてはならない。

 

 

そう言い残し数日後自室の鍵の掛かった部屋で
風采は自殺したと・・・・

 

    世津子「・・・終わり・・」
     萌絵「‥へ― 」

ワクワク。

一通りの話を聞いた萌絵はさっそく
犀川創平や友人たちとその壺と風采の
謎の自殺について仮説をたて
意見を交わすのだった・・・・

 

そして50年後12月25日
香山風采の息子香山林水が自宅から
4キロ離れた河原で刺殺体として
発見される・・・

 

事情聴取の為、香山家の家族に
 
 

     妻  香山 フミ

 

     娘  香山 マリモ

  

    息子 香山 多可志
    多可志の妻   綾緒
    多可志夫妻の息子 祐介

彼らに話を聞くも辻褄が合わない事だらけで
あった上に娘香山マリモが現場近くで
24日に事故を起こした。

 

さらに不可思議なのは香山林水はその日
自宅の仕事部屋で刺され河原で
刺殺体として発見されたのだった。

 

事件は進展しないまままたも
迷宮入り寸前・・・・

 

やっとのことで重い腰を上げた犀川創平は
この謎をどうひも解くのか。

 




封印再度~感想

 

久々に「すべてがFになる」以来の
活躍ぶりを見せる犀川創平でした。
さすがの一言。

 

壺のトリックは素晴らしくこれまでの
微妙なトリックにうんざりだったが今作は
なるほどと感心しました。

 

動機が微妙なのが引っかかるが 
森博嗣ならではの愛嬌という事で
スルーです。

ですよね~。
そんな微妙な感じも
癖になるが森先生の作品です(笑)

 

なにより注目すべきは儀同世津子の住む
マンションのお隣さん何気なく今作に
出てきたが・・・・

 

このシリーズを読み進めていけばさらに
ビックリすること間違いなしっ!!

 

そして、儀同世津子母親への何気ない言動は
Vシリーズを読んで納得します。

ここでその話が絡むのか~
みたいな感じですね。

今回のお話は結構、重要人物が何気に
登場したりさらに先のシリーズに繋がる
関係性や人物の掘り下げなど
シリーズ(V、四季、Gシリーズ)を
読み進めて後々ニヤリとする箇所が多々ある
かなと思いました。

 

S&M、V、四季、Gシリーズ
読めば読むほど 過去の伏線回収が
面白い森作品。

 

トリックそっいのけで登場人物の
過去や関係性、細かい伏線回収が気になる
シリーズです。

 

興味が出た方はぜひ「全てがFになる」から
読み進めてほしい。

古い作品ですがおすすめの
シリーズです。




こんな本も読んでます。

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
おすすめの記事