ゲノムハザード

 

いきなりあり得ない状況から始まる物語。

 

普通のサラリーマンの

    彼が何故こんな事に

彼も気づいていない何かがあるのか?

 

実にミステリアスなストーリーで映画の方も気になる1冊です。



 

ルゥーの一言感想
序盤からグイグイ引き込む!

目の前で死んでいる妻からの電話はインパクトありすぎ!

読んでる方もパニックに!

だから先が気になる気になる面白ミステリーだ。

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

作家・司城 志郎(つかさき しろう)

 

1950年 生まれ 愛知県出身。

    名古屋大学文学部卒業。
    放送作家などを経て小説家に。
    1983年矢作俊彦との共著作品「暗闇にノーサイド」で、

第10回角川小説賞、

    1994年「ひとつぶの砂で砂漠を語れ」により、

第3回開高健賞奨励賞、
1998年「ゲノム・ハザード」で、

    第15回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞。

 

『引用:Wikipedia』

 
 

 

タイトル・「ゲノム ハザード」
 

 

    発売日 1998年 4月(単行本)
    ページ数・約295ページ

 
 
2014年1月24日に
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」の題名で
映画化もされました。
 
 

ゲノムハザード
総合評価
レビュー件数 7件

2018年 8月時点でのAmazonでのレビュー評価です。



ゲノムハザード~あらすじ

 

その夜は特別な夜だった結婚して初めて
2人で祝う誕生日。

 

    「繁ちゃんの好きなラザニア、

  

    マッシュルームサラダ作って
    ケーキを買って、ワインを冷やしておくね」

 

玄関先で彼女はそう言い私は
会社にでかけた・・・

 

    今夜は早く帰宅するつもりだった。

しかし、そんな時に限って面倒な

    クライアントに捕まりその日の帰宅は

11時を回ってしまった。
 

 
きっと美由紀はご機嫌ななめかもしれない。

 

そう思いならがうちに帰ると

    テーブルの下で

うつ伏せに倒れている彼女を見つけた。
 

 
目は吊り上がり、

表情はムンクの叫びのように歪み

     妻は死んでいた・・・
    「・・・美由紀・・・」

 

 

    その矢先電話が鳴った。

 

出ると妻・美由紀からだった。
 

 
「繁ちゃんの好きな物いっぱい作って待ってたら

    ママから電話があって、いまママの所なの・・・

今日は遅いから実家に泊まって明日、朝帰るね」

    放心状態になり頭が真っ白だった・・
    ・・・ありえないこんな事が・・・

 

    今のは確かに妻の声・・・
    だが・・・妻は・・・

 

 
インターホーンが鳴る。
 

こんな状況で都合よく何故か刑事2人が来客・・・
 

 
刑事の前ですべてを話すつもりが

    肝心の妻の死体は消えていた・・・

 

 
そして、また電話がなる。

 

出ると見知らぬ男が

    「その2人は刑事じゃない逃げろ」と・・・

 

 
妻の死体を見つけたその時に妻からの電話・・
 

 
偽の刑事2人・・・
 

 
消えた妻の死体・・・
 

 
そして電話の謎の男・・・
 

 
偽刑事2人をだし抜き混乱のまま私は逃げた・・・

 

ゲノム ハザード~感想

 

    主人公が何故、こんな羽目にからの逃走劇から始まり

いきなりぶっこまれる多くの謎。

 

    死んだ妻・美由紀から電話。
    都合よく現れた偽刑事2人。
    それを電話越しから見抜いた謎の男。

この序盤からたたみかける展開の物語への
引き込み方は唖然となった。

 
 
自分の過去を思い出し友人、知人をあてに

    事件の真相へと迫る主人公の必死さ

もはや自分が誰なのかも分からなくなってくる恐怖。
 

 

    果たして自分は誰なのか、この世界は一体?

こんな恐怖が感じられる本でした。
 

 
そして多くの謎を残した序盤の伏線回収も

    ばっちりで犯人、事件の経緯まで無理なく

解き明かして行く展開は見事。
 

 
若干終盤もたついた感じはありましたが
最後まで楽しめるミステリーでした。
 

 
300ページと短いページ数ながら
中身はかなり濃い物語緊張感と面白さを
両立させたストーリーでした。

 
 

 

こんな本も読んでます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事