気持ちが落ち着く画像

個人的に好きな作家さんの一人です。

 

今回は一風変わった物語。

 

運命の選択肢は1つじゃなかった。

 

主人公が人生の選択で

    「もしも、あの時・・・」

を選んでいたら・・・・

    4つの世界線、並行世界を描いたお話です。
    「四畳半神話大系」もしも、あの時・・・を4話構成で描いてます。

 

ほど良い 緩さと笑いがある本です。

ルゥーの一言感想
ニヤニヤが止まらない

ギャグの緩急のつけ方と落ちがうまく
1話、1話が面白い!!

森見ワールドにハマっちゃえ!!

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 
作家・森見 登美彦

 

1979年生まれ
2003年 太陽の塔が
「第15回ファンタジーノベル 賞」を
受賞。

 

これを機に小説家デビュー
2006年 「夜は短し 歩けよ乙女」で
山本周五郎賞などを受賞。

 

兼業作家として執筆活動していたが 
のちに専業作家になる。

 

『引用:Wikipedia

 
 

タイトル「四畳半 神話体系」
 

2010年4月から7月にかけて、フジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送された。
全11話。

 

アニメーション制作はマッドハウス。

 

湯浅政明にとって小説作品のアニメ化は
本作が初めてであり、森見登美彦に
とっても本作が初の映像化作品である。

 

また上田誠や中村佑介がアニメ制作に
携わるのは本作が初めてである。

 

舞台となる京都市内の描写に関しては、
インクラインや四条河原町界隈、
京都大学などで1か月弱にわたって
徹底的にロケハンが行われた。

 

また京都府や下鴨神社、地元企業なども
「協力」として参加している。

 

  • オープニングテーマ
  • 迷子犬と雨のビート
    歌-ASIAN KUNG-FU GENERATION

     

  • エンディングテーマ
  • 神様のいうとおり
    歌-いしわたり淳治&砂原良徳+
    やくしまるえつこ

     

    『引用:Wikipedia』

     

     

      ページ数・約397ページ(文庫)
      2008年 3月 25日 発売(文庫版)
      初版 単行本 は2004年 12月 発売

     

     
     
     

    Amazon・楽天ブックス「レビュー・総合評価」
    Amazonレビュー件数 143件
    総合評価
    楽天レビュー件数 79件
    総合評価




    「四畳半神話大系」~あらすじ

     
    主人公は京都の大学に通う京都大学3回生

    彼が夢描いたキャンパスライフは

    悪友・小津との出会いのせいで

    遠くはかない夢のまま・・・・

     

    憧れの明石さんとも何の進展もなく

    現実は最悪の大学生活であった。
     

      なぜ、こうなってしまったのか。

     

     

      彼は考える・・・

     

    入学当初に選んだサークルこの選択
    により自分の学生生活は変わって
    しまったのだと。

     

    彼の心を捕らえたのは4つのサークル。
     

      映画サークルの「みそぎ」
      弟子求むの奇想天外のビラ
      ソフトボールサークル「ほんわか」
      秘密組織「福猫飯店」

     

    もし、「みそぎ」に入っていたら・・・

     

    もし、「弟子」になっていたら・・・

     

    もし、「ほんわか」にはいっていたら・・・

     

    もし、「福猫飯店」に入っていたら・・・・

     

     
    果たしてこの4つの選択のうち
    どれを選んでいたら彼の
    キャンパスライフはバラ色だったの
    だろうか?
     

     

    並行世界を取り入れた4つの物語。

     

    どこかで繋がっている4つの世界が
    見せるそれぞれの結末とは・・・

    「四畳半神話大系」~感想

     
    話の雰囲気や世界観が
    高橋留美子ワールド的で
    キャラもそんな雰囲気を持っていて
    個人的に楽しめた小説でした。

     
     

    主人公を例えるなら

     

      「うる星」諸星あたると
      めぞん一刻の五代 祐作を

    たして2でわった感じのキャラぽく

      「小津」は
      らんま2分の1の五寸釘光ぽく

    かなり笑えて楽しませてもらいました。
     
     
     

    それぞれの「もしも」の世界がどこがで
    繋がりを持っていてこの出来事は
    何故起きたんだろと

      疑問だった所が 次の「もし」の

    世界で解き明かされたりと似たりよったりの

    物語には読ませる、面白さがありました。

     

     
    人生いろんな場面で「もし・・」
    ああすればこうすればと思うこと
    は多々ありますがその選択の先は
    結局やってみなければ分からないし
    結果はたいして変わらないのかもしれない。

     

     

    結局、自分で選んだ道が最良なのかもしれませんね。
     

     

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事