ロートレック荘事件 海外別荘 庭 門





巧妙なトリック、探偵による推理小説とはちょっと違う

読むものを欺く斜述トリック。

夏に起きた洋館での殺人事件「ロートレック荘事件」。

 

 

ルゥーの一言感想
手軽にさくっと読める。

斜述トリックを気軽に楽しめる1冊。
深く考えずにさらっと読めて犯人捜しも楽しめるよ。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

  • 作家 筒井 康隆
  •  

      1934年生まれ
      大阪 出身

     

    短編「お助け」が
    乱歩主催の雑誌『宝石』1960年8月号に転載。

     

    デビュー作となった。

     

    パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、
    初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。

     

    1970年代よりメタフィクションの手法を用いた
    前衛的な作品が増え、エンターテインメントや
    純文学といった境界を越える実験作を
    多数発表している。

     

    『引用:Wikipedia




  • タイトル  「ロートレック荘事件」
  • 1995年 改正版 発売
  • ページ数  202p
  • ロートレック荘事件
    総合評価
    レビュー件数 85件
      

    ロートレック荘事件~あらすじ

     

    画家、重樹は8歳の頃従兄弟の忠明との
    遊びの最中事故にあい下半身不随となった。

     

    忠明は自分の悪ふざけから重樹を障碍者に
    してしまった事から20年彼の身の
    回りの世話をした。

     

    重樹はそれを責める事もなくお互いの
    関係は良好だった。

     

      そして、お互い28歳・・・

     

    2人は 画家

      アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥルーズ=
      ロートレック=モンファ
      (省略して ロートレック)

    の絵画に囲まれた洋館、今では
    木内文麿の別荘であるロートレック荘へと
    呼ばれた。 

     

      
    2人の他に集まったのは木内文麿一家

      立原一家
      牧原寛子 
      文麿の会社の社員。

     

    夕食を終えくつろいでいたその時
    別荘内に銃声が2発響いた。

     

    最初の犠牲者は木内文麿の一人娘の
    同級生牧野寛子だった・・・・

     

    警察が到着し捜査の続く中また一人、二人と
    別荘内で殺人はつづいた。

     

    犯行は内部犯 様々な思惑が交差する
    人間関係 ・・・?

      しかし、全員のアリバイは完璧・・・・

     

    読む者を試す  斜述トリック

       「ロートレック荘事件」
     

    ロートレック荘事件~感想

     

    約200ページと少ないページ数のためか、
    ストーリーが急ぎ足に感じ1回読んだだけじゃ
    よく全くわからない・・・

     

      自分だけ・・・かな?

     

    トリックとしてはそこそこよくある斜述
    ストーリー、動機はよくできている印象でした。

        

     

    約202ページの短い物語なので
    空いた暇な時間 にちょっと読むには
    ちょうどいい本だと思います。

     



     
    こんな本も読んでます。
    スポンサーリンク
    おすすめの記事