狸 楽しい 面白い

 

 

京都を舞台に
狸に天狗、半天狗に
人間が入り混じった、てんてこ舞いな物語。

2013年にテレビアニメ化され

2017年に

「有頂天家族2」2代目の朝帰

続編が放送された。

 

 


ルゥーの一言感想
狸が面白すぎるw

アホなふりして実はできる主人公・狸!
ラストの疾走感ある胸熱な展開は最高です。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・・「有頂天家族」

作家 ・ 森見 登美彦

1979年生まれ
2003年 太陽の塔が
「第15回ファンタジーノベル 賞」を受賞
これを機に小説家デビュー
2006年 「夜は短し 歩けよ乙女」 で 山本周五郎賞などを受賞

兼業作家として執筆活動していたが のちに専業作家になる。
『引用:Wikipedia』

  

  

タイトル 「有頂天家族」
2007年 9月 発売

ページ数 約357p

 

 

有頂天家族~レビュー・総合評価

Amazon・楽天「レビュー・総合評価」
Amazonレビュー件数 127件
総合評価
楽天レビュー件数 506件
総合評価

 

 

「有頂天家族」~感想

  

ひょうひょうとした掴み処のない

物語からギャグとシリアスを

絡めた面白い本でした。

  

  

狸のとぼけた雰囲気を

存分に発揮し描いた

矢三郎 は まさにアホ。

  

しかし、アホながらも

きっちり長男 次男 4男の事を

考えており

一番情に深く頭がいい狸です。

  

  

物語は矢三郎を軸に動き

事あるごとに問題を起こす展開です。

  

  

序盤の展開は ほぼ人物紹介、

中盤からそれぞれの対立の立ち位置が

見え始めます。

  

 

  

下鴨兄妹、洟川家の「偽右衛門」の

座を賭けた戦いは面白く

見どころ一杯でした。

  

  

洟川家の嫌がらせ

これに対し矢三郎と母のブチ切れ。

2人そろっての

「くたばれーっ!!」

母ちゃんあんなに温和だったのに・・・・

  

  

金閣、銀閣兄弟の

4男 矢四郎への

いじめに矢三郎がたじろぐ中

矢一朗が来てさすが長男と言わせる

展開。

  

金閣、銀閣兄弟の汚い策略 に

はまりピンチに駆けつけたまさかの

次男 矢二郎 兄さんの復活!!

  

  

父・総一郎の死で

4人の兄弟の心はてんでバラバラ

父の後を継ごうと奮闘する長男 矢一朗

世捨て狸の次男

本来ならとてつもない化け力を

持っているにもかかわらず

他の狸仲間からアホ呼ばわりされ

フラフラ生きる3男 矢三郎

頼りない気弱な4男 。

  

  

この4兄弟が最後にはガッチリ

心ひとつに暴れるさまは

痛快の一言でした。

  

狸 中心の物語ですが

天狗、人間が 良いこと言って

締めてるのも感慨深く良かったです。

  

「有頂天家族」~あらすじ

  

かつて京都の狸達の頂点に立ち

狸たちに尊敬され

京都に住まう天狗たちにも

一目置かれる存在であり

「偽右衛門」(にせ・えもん)として

狸界を束ねた偉大なる狸

  

その名を下鴨 総一郎。

  

しかし、彼は

妻と4人の息子達を残し

金曜倶楽部なるいかがわし組織に

捕まり狸鍋にされ

この世を去ったのだった・・・・

  

  

総一郎がこの世を去り

  

    「偽右衛門」(にせ・えもん)この後釜を

虎視眈々と狙うは

 洟川家に婿入りした

下鴨 総一郎の実弟 洟川早雲であった。

  

  

総一郎と早雲は

    かつてから大きな確執があッた為、

そうはさせまいと

    総一郎の長男「下鴨矢一朗」は

亡き父の遺志を継ぐべく

    次期「偽右衛門」選挙に出馬。

  

しかし、洟川早雲は

    偽電気ブランという酒の製造を一手に担い

この偽電気ブランで

    人間界 狸界 天狗界に幅を利かせ
    さらに金閣・銀閣と意地の悪い

息子2人に洟川親衛隊なるものまで

組織していた。

  

  

それに対し下鴨家は

    生真面目で長男としての自覚・責任感から
    父の後を継ごうと努力しているが

ここぞという時弱い長男 矢一朗

  

父の死がショックで

    狸を捨てて カエルに化け
    神社の古井戸で世捨て狸となった

次男 矢二郎。

  

父・総一郎の化け力を一番濃く

受け継いでいるにも関わらず

父の死後も変わらず

    「面白きことは良きことなり」を

身上に人間の世界をフラフラと

    あれやこれやに化け 面白おかしく

勝手気ままに暮らし 挙句一番の

    トラブルメーカー 

本作の主人公 3男 矢三郎。

  

普段は少年に化けているが

臆病な性格からすぐ尻尾をだしてしまう事から

    「しっぽ丸出し君」と呼ばれている。
    特技は 携帯電話の充電ができる・・・・

だが、果たしてこれが役に立つのか

立たないのか不明である。

    4男 矢四郎。

  

  

「偽右衛門」の座を掛け

事あるごとに洟川家と対立する

下鴨兄弟たち

    それを横目に「アホ狸どもと・・・・」呆れる、

矢三郎の師であり下鴨 総一郎の友でもあった

かつての大天狗「如意ヶ嶽薬師坊」こと赤玉先生。

  

その赤玉先生の元で共に

    天狗の教えを得た
    矢三郎と兄妹弟子
    元人間 鈴木聡美

事あるごとに 矢三郎にちょっかいを

出してくる 矢三郎 初恋の

半天狗。

  

 

  

名を弁天に変え鞍馬天狗達を従え

京都に存在する

    怪しげな秘密結社「金曜倶楽部」の

メンバーの一人となり

京都の町中を暗躍する弁天こと半天狗・鈴木聡美。

  

  

人間社会に紛れて夷川家と下鴨家が

「偽右衛門」の座を巡り

京都で大暴れ。

  

その対立に矢三郎を使い

ちょっかいを出す弁天。

  

彼女は敵なのか味方なのか・・・・?

  

  

そして、夷川家の長女・海星から

父・総一郎を如何にして

狸鍋にされたのかを聞き

総一郎の死に

隠された真実を知った矢三郎は・・・・

  

  

そして、今度は矢三郎達の母が

金曜倶楽部の手に落ち

鍋にされようとされている!!

  

父の敵討ちの為 母を救う為

下鴨4兄弟が京都で吠える!!

  

 



 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
おすすめの記事