プレステ1 
いい電子 1表紙

 
 
不思議な魅力がある漫画。

 

ゲームはファミコン以来やったことない
みずしな孝之先生がゲーム雑誌 

    ファミ通でゲーム漫画を連載。

 

99年から掲載開始し2015年掲載終了、16年間連載した
「いい電子」 第1巻。

 

ルゥーの一言感想
ゲームの裏事情もわかる楽しい1冊

へっぽこゲーマーみずしな先生の悪戦苦闘のゲームプレイを
アシスタント、編集者を交えて愉快に楽しく
見せる1ページ漫画。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 
作家 みずしな孝之 

 

1973年 7月 生まれ

 

本名 水科 孝之(読み同じ、役者時は本名を使用)

 

東京出身

 

    東京都立北園高等学校、東京学芸大学教育学部卒業。

小学校教員免許所持。

 

一般化されている愛称は、しなっち。

 

またSMAPの稲垣吾郎とは中学校の同級生である。

 

高校在学中「第34回新人スポーツまんが展」で
4コマを投稿 努力賞を受賞。

    翌7月号で「混セでSHOWTIME」でデビュー。

 

漫画家でありながらも舞台 俳優 歌手など
幅広く活躍中。
『引用:Wikipedia』




  • タイトル 「いい電子 1」
  • 2000年10月 発売
  • ページ数 全66話 おまけ 145p
  •  

    いい電子 1
    総合評価
    レビュー件数 3件

    2018年 7月時点でのAmazonでのレビュー評価です。

     

     

     

      

    いい電子1巻~感想

     

     
    毎回ファミ通担当者から送られてくる
    ゲームをネタにユルイ絵で
    ほのぼのとした作者の日常を交えながらの
    ゲームネタが意外と共感をおぼえたりして、
    別に笑えるわけではないがゲームが好きなら
    楽しめる漫画です。

     
    漫画に登場するキャラも
    バラエティ豊でその辺もこの漫画の面白みの
    一つだと思う。

     
    ファミコンの時代から取り残された
    作者が進化したゲームをまえに悪戦苦闘しながらの
    日常は読んでいて心がなぜかなごみます。

     
    昔はよくゲームばかりやっていて
    毎週金曜日にファミ通を買って読んでました。

     
    ゲームから離れてしまいファミ通を
    もう読まなくなってかなりの年数がたちますが
    2、3年まえUstreamでいい電子の生放送を
    見たのを突然思い出し今回の本を懐かしく
    思い購入。
     

     

    連載当初は1ページの漫画でしたが
    その後人気が出だして2ぺージへ。

     


    気になる昔のゲームソフトのネタ
    があれば懐かしみながら
    読んでみるのもいいかもです。

     

     

    いい電子1巻~内容・あらすじ

     
    1999年ファミ通で連載開始というわけで
    ファミ通の担当者がみずしな先生に挨拶。

     

      世間話からゲームの話題に・・・・

    話はゼルダになり、みずしな先生が
     

      「ゼルダはディスクシステムで・・・」

     
    みずしな先生

      PS・任天堂64もよくわからない

    担当者は 唖然とし・・・
     
    ゲーム雑誌なのに
    不安な始まりとなってしまった。
     
     
    そんなみずしな先生が

      PS・64・PS2・ドリームキャスト・・・・

    さまざまなゲームに悪戦苦闘
    下手なりに頑張りプレイし
    ついにはゲームショウE3取材にロスへ。

     
    1ページたらずの漫画ですが
    毎回ドタバタと愉快で楽しい内容です。
     
     
    全66話 + おまけ
     

     



      

     

    こんな本も読んでます。

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク
    おすすめの記事