ドラゴンクエスト4 小説





ドラゴンクエスト4第2巻・闘武群雄
アリーナ姫の登場です。

 

第1巻にくらべ明るい話が多いです。

 

男勝りなおてんば姫アリーナの
旅路はいかに・・・・

 

ルゥーの一言感想
アリーナ姫、滅茶苦茶w

旅先の全てのもめ事を拳で片づけようと
するアリーナ姫が笑える。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

著者 久美 沙織

 

1979年、『小説ジュニア』(後の『Cobalt』)
4月号において、山吉 あい名義で、
『水曜日の夢はとっても綺麗な悪夢だった』
にてデビュー。

 

1981年、初の単行本『宿なしミウ』が出版される。
この後、コバルト文庫を中心に活躍する。

 

1989年、新潮文庫より『MOTHER』が出版される。

 

それまで後書きなどからゲーム好きであるとは
知られていたが、久美沙織にとってこれが
初のゲーム関連作品であり、これを皮切りに
『ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説』など
エニックス関連作品などのノベライズを手がける。

 

以後、ホラー、ミステリーなどのジャンルにも
一定の成果を残し、現在に至る。

 

『引用:Wikipedia』




    小説・ドラゴンクエスト4
  • 「第2巻闘武群雄」
  • ページ数 235p
  •  

     

     

    ドラゴンクエスト4「第2巻闘武群雄」~あらすじ

     

    魔王ナルゴスにより
    記憶と魔力を封じられていた皇子ピサロ・・・

     

    しかし、ナルゴスは皇子ミアソフが
    ジャコーシュ(かつての天空の大神官)と
    共謀しピサロを陥れある思惑を抱いている事に
    気づきピサロの記憶と魔力を戻す。

     

    力と記憶を
    取り戻したピサロは魔界での権力を掌握し
    命じた勇者捜索より黄金の腕輪をさがせと・・

     

    第2章・おてんば姫の冒険


    そのころサントハイムのアリーナ姫は城での
    退屈な日々に辟易していた。

     

    そんなある日
    隣国エンドールで武術大会が開かれることを知る。

     


    単身、城を抜け出し武術大会に出場しようと
    試みるが・・・

     

    父・国王にその胸の内は見抜かれていた。

     

    城を抜け出すアリーナを見て

      「なぜ、あんな・・おてばな姫に・・・」

     

    と嘆く国王は
    こっそり魔法使いブライと神官クリフトを
    お供につけさせ旅の同行を促した。

     


    こうしてアリーナ、クリフト、ブライの3人は
    エンドールの武術大会へと向かう旅が始まった。

     

    しかし、途中
    魔物カメレオンマンや黄金の腕輪を
    狙うやからとごたごたに巻き込まれ3人は悪戦苦闘。

     


    はたして、エンドールへと無事たどり着ける
    だろうか・・・

     

    第3章・武器屋トルネコ」

    時を同じくして
    エンドールよりずっと北に位置する
    小さな村「レイクナバ」
    ここに住む一人の男トルネコ 36才

     

    のんびり屋で優しい男である・・

     

    彼は親方の営む武器屋で働くが
    破邪の剣との出会いで彼は子供の頃の夢
    世界一の武器屋を目指す決心をする。

     

    妻ネネ、息子リトルを説得しトルネコは旅へと出た・・・

    しかし、
    アリーナ 一行、トルネコ
    彼らの向かう先々の裏側でピサロが暗躍していた・・・

     

    ドラゴンクエスト4「第2巻闘武群雄」~感想

     

    アリーナ姫の物語が中心に描かれた2巻で
    トルネコのお話はおまけ的な感じでした。

     


    前回の第1章と違いアリーナの旅物語は明るく
    楽しい旅路でした。

     

    アリーナ姫の
    明るく無茶苦茶な性格が
    物語を面白くさせ惹きつけ読ませる。

     

    ルゥー
    アリーナ姫が強い、強い!
    男勝りな態度とセリフがとても
    魅力的でもあります。

     

    アリーナの無茶ぶり
    クリフフトの弱腰のツッコミに嘆くブライ
    所々で笑わせてくれる3人の冒険でした。

     

     

    一方、トルネコは
    夢を追う男の冒険7割がた運という
    展開でしたがほのぼのと楽しい展開が続く
    ハッピーエンドの冒険劇に楽しく読めました。

     

     

    ファンタジー小説
    小説 ドラゴンクエスト4〈2〉闘武群雄

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事