小説 ドラゴンクエスト4 「第1巻 魔起黎明」読んだ感想。 第1章から悲しい話・・・

 

 

今から28年前のかな~り昔の小説です。

 

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ・・・を読んで
小説「ドラゴンクエスト 4」第1巻・魔起黎明も
読みました。

 

ゲームとは一味違う小説でドラクエ4の世界が
楽しめる内容です。

 

ルゥーの一言感想
次の章が楽しみ!

ドラクエ4の壮大な物語の始まりを感じられる1冊。
ドラクエ4がやりたい!
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc

 

著者 久美 沙織

 

1979年、『小説ジュニア』(後の『Cobalt』)
4月号において、山吉 あい名義で、
『水曜日の夢はとっても綺麗な悪夢だった』にて
デビュー。

 

1981年、初の単行本『宿なしミウ』が出版される。

 

この後、コバルト文庫を中心に活躍する。

 

1989年、新潮文庫より『MOTHER』が出版される。

 

それまで後書きなどからゲーム好きであるとは
知られていたが、久美沙織にとってこれが初の
ゲーム関連作品であり、これを皮切りに
『ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説』など
エニックス関連作品などのノベライズを手がける。

 

以後、ホラー、ミステリーなどのジャンルにも
一定の成果を残し、現在に至る。

 

『引用:Wikipedia』

  • 小説・ドラゴンクエスト4 魔起黎明
  • 1991年発売
  • ページ数 約218p
  •  

     




    ドラゴンクエスト4第1巻 魔起黎明 ~あらすじ

     

    序章

       

     

    魔王ナルゴスが地上侵略の拠点とするため
    エルフの国サムルラ―ンに攻め始めた。

    魔王ナルゴス軍の圧倒的な力により勝利した魔王軍
    エルフの里サムルラ―ンは焼け野原となり滅びた。

     

    そして変わり果てたその地に降り立った
    皇子デスピサロ・・・

     

    本来ならエルフとの戦に参加し初陣をあげ他の
    王子たちより先に手柄をあげようとしたが
    父ナルゴスにより

      その野望は絶たれた・・・

    変わり果てたサムルラ―ンでピサロは
    隠れていたエルフ達を見つけエルフの
    王女ロザリーと出会う。

     

    そして、ピサロは一つの思惑を思いつくが・・・




    第1章・王宮の戦士ライアン

     

    山国バトランドの王宮戦士ライアンは人望は厚いが
    その独自の雰囲気と無骨な性格な為
    孤独でもあった。

    ある時、
    バトランドより北方イムルの村で
    子供が消える奇妙な事件が起きていた。
       

     

    王の名をうけライアンは真相を探るべく
    イムル村へと向かう。

    そこで出会ったのが人間に憧れる魔物
    ホイミスライム。

     

    彼と共にイムルの事件の真相を探るのだった。

     

    果たして子供が消えるこの奇妙な事件の裏には
    いったい何がひそみ、始まろうとしているの
    だろうか?

     

    ドラゴンクエスト4第1巻 魔起黎明 ~感想

    p> 

    ゲームの様な軽い感覚のストーリーではなく
    濃い内容になっています。

     

    原作のゲームにそりつつアレンジを加え
    ドラゴンクエストの冒険を感じさせる物語でした。

     

    ゲームよりも小説の方がストーリー、キャラの感情が
    はっきりとしていて実に楽しめる物語でした。

     

    第1巻という事もあり、まだ物語としては
    物足りなさもありますがこの先のピサロ、
    エルフの王女ロザリーの恋の行方や地上侵略を
    開始した魔王軍、ピサロの野望、世界の異変を
    感じたライアンとドラゴンクエスト4の始まりの
    物語の1冊になります。

     

    読んでいて
    久々にドラゴンクエスト4がやりたいなと思いました。 

     

     

     

    ルゥー
    最近、チャンネル名Rokaで
    YouTube始めました。
    良かったら見に来てね。
      

     

     

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

     

    Pocket
    LINEで送る

    スポンサーリンク
    おすすめの記事