悲しい物語 猜疑心

ブックオフで見かけ独特な感じの雰囲気を
感じ手にとり中をチラ見、巻末最後の1文と
帯のあらすじを読んで

    購入(税込み200円)しました。

 
人には見せれない話せない人間の暗い部分が
淡々と描かれた作品でした。



猜疑心(さいぎしん)
相手の行為などをうたがったり、
ねたんだりする気持ち。
『引用:Weblio辞書』

ルゥーの一言感想
ふとした瞬間。

恋人のもしかして・・・を巧妙に切り取った
猜疑心を上手く書き上げている。

読み進めるほど不安になる1冊。

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

  • 作家・小池 真理子
  •  

      1952年 10月 生まれ
      夫は同じく小説家の藤田宜永。

    1972年(昭和47年)4月、成蹊大学文学部英米文学科に入学。

     

    吉祥寺で1人暮らしを始める。

     

    大学在学中から作家となることを志し、小説を書き始める。

     

    1976年(昭和51年)3月、大学を卒業。

     

    同年4月、本に近い場所ということから、出版社に
    就職、編集者となる。

     

    1977年(昭和52年)7月、出版社を退職し、
    フリーの編集者、ライターになる。

     

    エッセイ集『知的悪女のすすめ』の企画をいくつかの
    出版社に持ち込み始める。

     

    山手書房(当時)で、自分で書けばいい、と言われ
    自ら企画に沿ったエッセイを書く。

     

      1978年(昭和53年)7月、

    エッセイ集『知的悪女のすすめ』が刊行、
    ベストセラーとなり、エッセイストとしてデビュー。

     

    1985年(昭和60年)、『第三水曜日の情事』を上梓、
    小説家デビューを果たす。

     

    2009年に父親、2013年に母親を亡くしこうした経験が
    反映されており、人の生や死、老いなど、人生の
    折々で体験することをすくい取った作品が
    多くなっている。

     

    『引用:Wikipedia』




    タイトル ・「二重生活」
     

     

  • ページ数 374p(文庫)
  • 2015年 11月 発売
  •  

     

      2016年6月25日に映画公開。
      キャスト
      白石 珠 - 門脇麦
      石坂 史郎 - 長谷川博己
      鈴木 卓也 - 菅田将暉
      篠原教授 - リリー・フランキー

     

    二重生活
    総合評価
    レビュー件数 16件

    2018年 8月時点でのAmazonでのレビュー評価です。

    二重生活~あらすじ

     

      「文学的・哲学的尾行」

     
    ある不特定の人間を目的もなく尾行し
    尾行対象者の記録を取ること。

     
    このことに興味を抱いた 
    白石珠(院生 25歳)はある日突然それを
    実行に移した。

     
    ふらりとなんとなく一人の男の後をつけた・・・・
     
    尾行対象者の不倫を知ってしまった珠は
    自分の恋人も自分が知らないだけで実は
    他の女性と・・・・

     
    これまで普段の生活から気にも留めなかった
    ことが対象者の不倫事情を知るたびに

      恋人卓也にたいしての疑惑・・・
      もしかして・・

    が妄想を掻き立てる。
     
     
     
    卓也からの

      「うん、・・・ちょっとね・・」の

    気のない返事からも疑心が始まり

      珠の心の中で勝手な妄想から嫉妬心が沸き

    猜疑心に取り込まれ徐々に精神の安定を失い
    つつあった・・・・

     

     

    そんな折、突如尾行対象者に自分の正体が
    ばれてしまう・・・

     
    名前・携帯番号・住んでいる場所まで
    対象者に知れた珠は2人で会って話をする
    こととなった。

     

     
    彼女は対象者に何を語り対象者を納得させるのか・・・
     

     
    そして、尾行され続けた男は語りだす・・・

     

     

    二重生活~感想

     
    全体的にぱっとしない物語で終始盛り上がりに
    欠ける本でした。

     
     
    読み進んでいても起伏のない物語が続きます。

     

    読んでいて眠くなる方もいるのではと
    思うくらい淡々とした物語。

     

    もしかしたらの疑惑が猜疑心に変わっていく
    進め方はつまらないわけではないが
    結末だけが気になる本になってました。
     

     

     
    主人公・白石 珠が実行する

      「文学的・哲学的尾行」

    の中で尾行対象者の浮気を目撃。
     
    それを恋人・卓也と重ねてしまい
    卓也に対する猜疑心が膨らみ続ける。

     

    疑惑に憑りつかれた珠がいつ爆発するのか、
    珠が妄想するつじつまの合う卓也の浮気の
    妄想はどういった結末を見せるのか。

     

    それは珠の妄想ではなく現実に・・・

     

      など気になる所は点々とあるのですが

     

    主人公・白石珠があまりにも無感情すぎるのと
    物語に起爆剤がなくさらにキャラクターに
    魅力を感じないため中盤ぐらいから
    ダラダラと物語が進みラストが気になるだけで
    惰性で読んでる始末でした。
     

     
     
    読めば読むほど引き込まれる内容の

      物語ではないですが恋人・夫婦といった
      男女間の特別な関係の中で生まれる特殊な
      感情、心理からくる恋人に抱く猜疑心は

    どこからわくのかをオーバーでは
    ありますが上手くまとめて描いてある本だと
    思います。

     
     
    目的ははっきりしているし、ストーリーは
    分かりやすく良いが物語に惹きつける何かもない・・・・
     

     

      ただ、ただ主人公・珠の恋人・卓也に

    対する浮気の疑惑、妄想がまとまり付きラストの

      結果だけが気になる物語でつまらなくはないが
      面白くもなくなんかふらふらした物語に

    ボーと溶け込んで読んでいた感じで読み応えの
    ない本でした。

     

    最後の1文で

      珠のよからぬ一面が芽生えた瞬間はなんか

    ハサミ男のような終わり方で少し心の中で
    にやっとなりました。
     
     

    (文庫)約370ページと

      程よいページ数なのと深く掘り下げない物語

    なのでちょい読みには丁度よい本だと思います。

     



     

     

    こんな本も読んでます。

      

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事