歌舞伎町 不夜城

短篇 6話収録。

    ハッピーエンドなしの

  

    ダークストーリー!

 

マフィヤに

    薬に売春、不正入国者
    全編 悲惨 全員救いようがない
    クズになり下がる物語。

 

でもこんな本も病みつきになる・・・・

 

ルゥーの一言感想
人の不幸は蜜の味。

手に入らないものを無理に手に
入れようとして堕ちていく人間の姿に
快感が・・・・
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

作家 馳 星周

 

 

1965年2月18日  生まれ

 

本名坂東 齢人(ばんどう としひと)。

 

ペンネームの馳星周は本人がファンである
スター周星馳の名前を逆にしたものである。

 

北海道苫小牧東高等学校、

    横浜市立大学文理学部卒業。

 

大学時代は内藤陳が経営する新宿ゴールデン街の
バー深夜プラス1で
バーテンのアルバイトをする。

 

作品は

    ノワール小説(暗黒小説)であり、
    謀略戦、

騙し合いがストーリーの軸となっている。

 

外国人マフィアややくざ、

    不良少年といった暗黒社会の住人が

登場人物のメインだが、

    閉塞感に満ちた日々を送る普通の

人々を題材とした作品や、
テロリズムや戦争を題材とした作品も見られる。

 

サッカーが好きで、好きな国はスペイン。

 

写真撮影も趣味で、

    ペンネームでウェブ上に投稿もしている。

 

パンク・ロックのファンで、

    BLANKEY JET CITYを高く評価する。

 

『引用:Wikipedia』





タイトル・「古惑仔~(チンピラ)」

 

ページ数 246p

 

2009年 7月 25日 発売日

 

古惑仔~(チンピラ)
総合評価
レビュー件数 7件

 
2018年 9月時点でのAmazonでのレビュー評価です。

古惑仔(チンピラ)~あらすじ

 

~第1話~ 「鼬」

 

日本人のコック武は同じ料理屋で働く
阿明に誘われ売春バーへいった。

 

 

そこで出会った女シャオフェイ
に惚れこんで彼女に売春をやめて
一緒に逃げて暮らそうともちかけるが・・・

 

 

~第2話~ 「古惑仔(チンピラ)」

 

香港へ遊びに来た
日本のある組の親分の娘里美。

 

その里美の香港観光の
付き人として駆り出された
チンピラ家健。

 

たわいのないチンピラの日常が
描いてあると思いきや・・・

 

 

 

~第3話~ 「長い夜」

 

日本人の涼子はマレーシア人の
アセンとレストランで食事中 
会話の中でアセンの友達ミーナが
血を吐き病気だと知った。

 

 

ミーナは日本に売春で金を稼ぎに来た
密入国者。

 

高額な料金を取られと知りながらも

    闇医者に行きたいが
    ミーナは稼いだお金を

騙しとられていた ・・・

 

 

そんな時耳に入ったのが安く診察
してくれる闇医者がいるとの話だった。

 

しかし、その闇医者は合うには

    中国マフィアの

ボスの王唯の許可が必要だった。

 

 

はたしてすんなり紹介してもらえるの
だろうか・・・・

 

ミーナを助ける為
不安を胸に涼子は王唯と合う決意をする
のだった・・・

 

 

 

~第4話~ 「聖誕節的童話(クリスマス・ストーリー)」

 

密入国で日本に働きに来た
一方(イーファン)日本に来た最初の
1年は仕事がありお金も稼げて
順調だった。

 

日本で全てが上手くいくと信じた。

 

一方は故郷の国にいる

    恋人 淑絹(シュージュエン)を

日本へよんだ。

 

その年2人は最高のクリマスを迎えた・・・

 

 

しかし、2年後彼ら2人は堕ちるとこまで
堕ちていた 。

 

 

 

    薬に売春、詐欺、強盗

 

     レイプ ・・・

 

    いったい2人になにがあったのか・・・

不正入国者の厳しい現実を描いた
44ページのストーリー。

 

 

 

~第5話~ 「笑窪」

 

板前として働く
日本人、良は常連のお客
佐藤の口利きで裏カジノへ。

 

    裏カジノで働くディーラー

メグに惚れこみ徐々に借金が膨れ上がる。

 

 

取り返しのつかな程の
金額に気づいた時自分は佐藤にメグに
カジノで嵌められた事に気付く。

 

    そして、良は
    佐藤、
     メグ、
    カジノに復讐するが・・・・

 

 

 

~第6話~ 「死神」

 

5年前 蛇頭の手配した船で

    密入国したのは15人・・・

 

久しぶりに集まった時その数は9人だった。

 

    6人・・・・

この5年で6人の同士が減った。

 

 

6人とも自分とあった直後に
死んでいる。

 

 

カラオケボックスで集まった9人のうち1人
阿扁 がそれを思い、ため息をついた。

 

不正入国者は一回つまづけば
堕ちるだけ・・・

 

そして運悪ければ死ぬ・・・

 

 
楽しくカラオケボックスで
仲間と騒ぐなか銃を隠しもつ阿扁も

    そのうちの一人だった・・・

 

いったい彼の身に何が・・・

 

   

 

 

古惑仔(チンピラ)~感想

 

この人の本はたまに無性に読みたく
なる時があります。

 

救われないダークな話ばかりですが
そこが面白い!!

 

 

主人公は

    利用される「カモ」
    「クズ」と
    卑屈で卑小な人間ばかり

だから全編救われない。

 

 

堕ちるとこまで堕ちて
終わるハッピーエンドなし!!

 

 

そんな話ばかりだが
そんなストーリーの空気も

    個人的には好きだから、たまにこの人の

グレイでダークなストーリーを
平穏な日常を離れて堪能したい。

 

 

そして、 こんな方にもいいかもしれない。

 

各話40pほどで短くまとまっているので
ちょい読み程度に手軽に読めます。

 

 

救えない話ばかりだけど

    ホントくせになるよ
    馳 ワールド・・・

  

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事