サイコパス 火の粉

顔見知りの隣人は

サイコパスの超ヤベー奴だった、

お話です。

ルゥーの一言感想
静かなるサイコパス

どういう思考回路にいたったらこんな
計画を思いつくのか。

悪の教典とはまた違ったサイコパスに驚愕!

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

    作家  雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)

 

  • 1968年生まれ
  • 愛知県出身  
  •  

    専修大学文学部卒業。

     

    大学卒業後、出版社や社会保険労務士事務所など
    での勤務を経て、1999年、

      内流 悠人(ないる ゆうと)名義で
      応募した『栄光一途』で

    第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。

     

    2000年、『栄光一途』でデビュー。

     

    その後推理小説を中心に発表し、

      2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、

    2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で
    第1位に。

      2005年版「このミステリーがすごい!」で

    第8位に選ばれ、
    第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。

     

    2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。

     

    2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、
    恋愛小説や家族小説など作風を広げている。

     

    『引用:Wikipedia




      『火の粉』(ひのこ)2005年ドラマ化。

    「土曜ワイド劇場」にて放送された。

     

     
    2016年にもユースケ・サンタマリア主演で
    火の粉』(ひのこ)ドラマ放映。

     

      『火の粉』(ひのこ)はフジテレビ系列『オトナの土ドラ』の第1作として放送された。

     

    東海テレビが51年半にわたって制作してきた
    フジテレビ系の“昼ドラ”が終了し、
    同じくフジテレビ系の“土ドラ”を制作する
    ことが発表された。

     

    昼ドラから土ドラへ変わったことで
    話題にもなった。

     

  • タイトル「火の粉」
  • 発売日 2004年 8月
  • ページ数 約 565p
  •  

    火の粉
    総合評価
    レビュー件数 187件
      

    日の粉~あらすじ

     

      被告人、武内真伍。

    彼の犯した罪は交友関係にあった
    的場家一家殺害。

     

    的場洋輔その妻の久美子息子、健太。

     

    一家3人の殺害であった。

     

    動機は武内真伍が的場洋輔にプレゼントした
    ネクタイを的場洋輔がしていなかった。

     

      それで、カッとなって殺した・・・

     

    武内真伍の自白により事件は解決。

     

    今回のこの事件に判決を言い渡す
    裁判官梶間薫は 首を傾げながら
    この事件に多くの疑問を持っていた。

     

    武内真伍は自白前的場家リビングで
    夫婦と談笑中突然暴漢が押し入り
    いきなり金属バットで夫婦2人を
    撲殺。

     

    応戦した武内は暴漢に押し倒され
    バットで何度も殴打され重傷を負った。

     

    残された幼い息子はネクタイで首を
    絞められ絞殺。

     

    一見してみれば武内は被害者の一人となる。

    ルゥー
    しかし、検察側は生き残った武内犯人説を
    唱えた。

    背中への暴行は偽装行為。

     

      動機はプレゼントのネクタイ絡みの衝動殺人。
      物取りの形跡のもなく、目撃証言もなし。

    犯人が土足で上がった形跡もない。

     

    おのずと浮上するのは被害者を装った
    武内となった・・・・

    ルゥー
    だけど、この事件には不自然な点が多かったんだよね。

     

    裁判官薫はその不自然な点から武内に
    無罪判決を言い渡した。

     

      馬鹿な・・

    と言いたげの検察官野見山。

     

     

    落胆と怒りを表す遺族たち・・・・

     

    あの事件の裁判から2年後。

     

      偶然か?

    武内は薫の隣へと引っ越してきた。

     

    近所付き合いや無罪の恩があるとはいえ
    度が過ぎる程の彼の善意。

     

    そのうち気付けば妻や息子と打ち解け
    梶間家の一員ともいえるほど
    奇妙な関係を築きつつあった。 

     

    しかし、その一方で不穏な空気が漂い始める・・・

     

    異変を感じ始めた薫は武内真伍について・・・・

      2年前のあの事件について再度調べ始めるのだった・・・・


    日の粉~感想

     

    武内真伍読んでてこの男には翻弄される。

     

    実に上手い隙のある人間の心に
    入り込む巧妙な話術。

     

    とっさに機転の利く行動と頭の回転の速さ。

    ルゥー
    サイコパスは怖いぐらい頭いいよね~

    被害者の親族との言い合いは
    言葉巧みな見事な切り抜けが逆に
    武内真伍は実際、ホントに無実では
    と惑わされる。

     

    だが、徐々に梶間家に起こる
    不穏な出来事の数々 ・・・

     

      武内真伍が怪しんだけど・・・ 
      武内真伍が何をしたのか、わからない・・・

    武内真伍が何かをしでかす、そんなむずむず
    感があるので物語へグイグイ引き込まれていく。

     

    コイツは何かがおかしいと感じつつも
    実はホントは良いやつ・・・

     

    という期待を持たせる描き方があるため
    最後に本当にヤベー奴に描かれていて恐怖を
    感じる1冊でした。

     

     

    あと最後に読んでいて

      梶間薫の息子の俊郎(26歳?)は

    正直アホだと思った。

     

    ルゥー
    どうアホなのかは、
    読んでみてのお楽しみ。

     



      
    こんな本も読んでます。

     

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事