女性 花束

180日間だけ超天才へと変貌した青年のSF冒険小説!

 

幾度となく映画、ドラマ化された
人間味あふれるストーリーです。

 

人生が180度変わってしまった故に訪れた
恐怖と悲しみの感動小説。

 


ルゥーの一言感想
これは泣く!

天国から地獄・・・180度変わった人生が徐々に奪われる。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 
作家・ダニエル・キイス

 

1927年生まれ 
2014年 死去
ニューヨーク州ブルックリン区生まれ
 
17歳のとき U.S. Maritime Service に就職し船員となった。
ブルックリンカレッジで
心理学の学士号を取得し、一時期ファッション写真のスタジオで働き、
その後
ニューヨークの高校で国語教師を務めつつ、
定時制で英米文学を学び、週末には小説を書いていた。
 
ヒューゴー賞を受賞した中編と
それを長編化してネビュラ賞を受賞した『アルジャーノンに花束を』で知られている。
オハイオ大学名誉教授。
『引用:Wikipedia』

 
翻訳・尾野芙佐(おぶ ふさ)
 
 
 
タイトル ・ 「アルジャーノンに花束を」

 

日本での出版は早川書房からなされており、翻訳権独占であった。
なお、
ハヤカワ文庫版の発売まで10年以上の期間があった。

 

中編小説版は稲葉由紀(稲葉明雄)訳で『S-Fマガジン』1961年2月号に掲載、
『世界SF全集』32巻に収録された。
長編小説版は
1978年に小尾芙佐訳で出版、1989年に改訂された。

 

2015年3月13日にハヤカワ文庫から新装版が出版された。

 
 

原作を題材に映画化も何度かされ、
2002年には
主演ユースケサンタマリアさんでテレビドラマ化もされ
2015年4月10日にも
主演・山下智久さんでまたもテレビドラマ化されました。

2015年ドラマ版の方の主題歌も話題になったかと思います。
ヘッド・ミラーの「ローズ」ですね、聞けば、どっかで聞いたかなとなる曲ですね。
『引用:Wikipedia』

 
 

 
ページ数 319p
 

アルジャーノンに花束を・・・
総合評価
レビュー件数 327件




アルジャーノンに花束を・・・~あらすじ

 

主人公・チャーリー・ゴードンは32歳。
 
だが知能は6歳児なみの知的障害者

叔父の営むパン屋で働きながら知的障害者専用の

学習クラスに通う日々だった。
 

 
 
ある日、

開発されたばかりの脳手術を受けてみないかと
大学教授に勧められる。

 

ある理由により
頭が良くなりたいと以前から強く願っていた
彼はこの手術を受ける決意をし臨床試験の
被験者第1号と選ばれ手術を受けて日に日に超天才へと
変貌していく・・・

 
 
 
 
しかし、知能は高くなる一方で
精神はそのままの為、知りたくもない事実や
自分がいままでどう見られていたのかを
理解し初めて、心のバランスを崩し苦悩する日々になる。
 
 
 
 
そして、副作用により高くなった頭脳はだんだんと
下降し始めまた、元の自分に戻る事に
恐怖を感じ何とかしようと試みるが
手術に大きな欠陥がある事に気づき諦めの中、
自暴自棄になっていく。
 

 
手術を受けた日から約6ヶ月間

わずかな期間で人間と世間、社会の複雑さを知り
そして孤独を知り、天才である優越感を感じ、
過去の自分を客観的に理解し落胆し
そして、また元の自分に戻っていく
そんな彼のSF冒険ストーリー。




アルジャーノンに花束を・・・~感想

 
主人公の知能が高くなるにつれて文章スタイルも変化していく
一風変わったこの小説。

 

 
そういった表現の仕方が
主人公の目線がわかる感じで良かった。

 
ストーリー的には一本道ですが
知的障害の主人公が超がつく天才へと生まれ変わり
人間関係や組織社会の複雑さを知っていく様子が
よくわかる物語でした。

 
 
頭が良くなれば幸せになれると
信じた彼の思いはことごとく崩される日々。

 
単純に考えていた彼の世界が徐々に崩壊し苦悩する。

 
この辺のくだりはやはり胸打たれほど
悲しくなりましたが・・
 
 
手術を受けて頭が良くなっても精神的にはまだ6歳児・・・

 

大人の様なズル賢さもなく要領よく人間と
社会に溶け込めない、この辺の歯がゆさを
上手く描いてあり自分自身と重ねてしまう部分もありました。
 
 
孤立し、絶望し、苦悩する主人公・ゴードンですが、
そんな中でも二人の女性と付き合い恋人ができ幸せを
見つける彼ですが最終的にやはり幼い精神の壁が邪魔するわけで
色々と上手くいかない・・・

 

 
彼が描いた世界、彼が求めた幸せ
何もかもが滑り落ちる中、賢くなったからと言って
幸せになれる訳じゃないと気づき始め、
複雑なこの人間社会で傷つきながらも厳しい現実を冒険し
精神的にも成長していく主人公・・・
 
 
これからというときに下降し始める頭脳、
悲劇的な感じでしたが彼の最後の文章を読む限りでは
知能はまた元に戻ったが彼は彼なりに自分の立ち位置を見つけ
何か大きな成長を遂げたようなきがします・・・

 
 

 



 
おすすめ記事

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事