日非常 異能力 小説

伊坂幸太郎が

    「自分では読んだ事のない小説が読みたい

そんな気持ちで書きました」と語る物語。

 

 

1冊の本に「魔王」・「呼吸」と

2つのストーリーが展開される小説

そして、この原案を元に漫画化もされて

    「週刊少年サンデー」(全10巻)

でも連載されました。

 

ルゥーの一言感想
うーん・・・

読み終わった後もなんか物語が中途半端な感じで
モヤモヤが残った・・・
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 

作家 ・ 伊坂幸太郎

 

1971年生まれ

 

大学卒業後 システムエンジニアとして
働くかたわら文学賞に応募。

 

2000年 オーデュボンが新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し

    2002年 ラッシュライフが評論家に注目され
    2003年 重力ピエロが世間で認知され始めた。

 

『引用:Wikipedia』

 
 
タイトル ・ 魔王
 
2008年9月12日 発売(文庫本)
 
ページ数 ・ 355ページ

 
 

魔王
総合評価
レビュー件数 184件

2018年 6月時点でのAmazonでのレビュー評価です。) 

       

魔王~あらすじ

 

交通事故で両親を失ってから、兄弟2人暮らし

ノー天気な弟・潤也と違い

兄(主人公)は常に世の中を

小難しく考える人間であった。

 

「禁止されたことを守るのは当たり前だが、
それを破りたくなる衝動が起こる心情には
どんな意味があるのか」

    等と考える兄はややこしい男である。

 

そして、このややこしい男に
ある日突然、自分が思った事を特定の相手に喋らせる

    「腹話術」のような能力が発動する。

 

自分の能力について

調べ出す主人公・安藤(兄)は

徐々にこの力を使い

日本の政治問題・国際問題を何とか

良い方向に向かわせようと

考え動き出すが・・・

 

 

そして、5年後(弟)・安藤潤也を軸に
物語「呼吸」が動き出す。

 

    5年後の日本は・・・
    潤也の日常は・・・・
    潤也の兄は・・・

 

魔王~感想

 

タイトルの名前負けしてしまう小説ですが
ちょい読みには楽しめる小説だと思います。

 

    自分が考えたことを念じれば対象相手がそれを口にする。

 

一見たいしたことない能力に見えるが、意外な展開を
みせる2人の兄弟の物語でした。

 

表紙とタイトルの「魔王」この禍々しさに
つられて購入した本です。

 

    「魔王」と「呼吸」の

2タイトル構成の小説ですが
魔王はSF小説でもありながら兄が日本の
政治問題について考え

    そして、呼吸は

弟・潤也のノー天気な台詞が
普通の若者を指していて日常を語る感じでした。

 

 

    「魔王」は何かが起こる予感がして

ハラハラ感はありましたが

どうも淡々とストーリーが進みコロッと終った感じで

物足りなさは感じました。

 

そして、5年後の「呼吸」弟を軸に物語は進みますが
おまけのストーリーといった感じです。

 

正直これなら魔王編をキッチリやり切ってほしかった。

 

どちらも中途半端感があり素直に楽しめる物語では
なかったかな、と思いました。

 

しかし、漫画「デスノート」で八神月が
デスノートを拾い世の粛清をするかのように
主人公・安藤も能力を使い日本の政治的問題を変えようと
動きだすその姿にデスノートぽい雰囲気をかもし出す感じは
個人的に好きでした。

 

魔王というたった2文字の表紙に
魅入られて購入しましたが個人的に盛り上がりなく
終始、淡々とする物語に感じてしまったのが残念でした。

 

しかしながら主人公 安藤がこの能力を駆使し
日本をより良い方向へ変えようと
動きだし順調に改革を進める中、それを阻む

    何かにより・・・・

 

 

彼に一体何があったのか、彼に日本を変えよう
そう思わせた出来事とは・・・・

 

 

この辺が見どころじゃないかと思います。

 

Kindle 防水機能搭載 8GB

 

こんな本も読んでます。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
おすすめの記事