虚脱感,鬱,儚いの記事一覧
「摩天楼の怪人」島田荘司。「オペラ座の怪人」?意外なトリックと怪人ファントムの怪異と正体に迫るミステリー小説
AVに出演する理由とは・・生い立ち、夢を語る42人のAV女優達「AV女優」永沢 光雄
秋の読書に叙述を絡めたホラー小説 「殺戮にいたる病」我孫子 武丸(あびこ たけまる)
犯した罪からは逃れない、読後は感慨深く面白かった小説。「罪と罰(下巻)」ドストエフスキー
悲劇的なラストでたまらなく切なくなる本。「グレート・ギャツビー」フィッツジェラルド(訳・野崎孝)
改悛の情の矛盾を描いた、やりきれない悲しい気持ちになる小説。~「13階段」高野和明
不夜城3部作・完結編「長恨歌」劉健一の最後は・・・歌舞伎町での偶然の出会いは・・・
鬱小説。ページをめくるたびに不安が襲うストーリーにあなたは耐えられる?「アリスの夜」三上洸
人類全体が試される「ハーモニー・プログラム」、美しくも儚い少女たちの結末は・・・~「ハーモニ―」 伊藤 計劃
殺し屋と人間のクズコンビが歌舞伎町を駆け巡る。「不夜城」第2部~鎮魂歌