ゴースト 不気味な女 ハロウィン

 

読めば精神に異常をきたすがうたい文句の
ドグラマグラ。

 

1926年に作家デビューした
夢野久作が約10年(1935年)かけて
完成させた小説です。

 

この作品を発表後、
彼は1936年に脳溢血を起こし昏倒、
死亡しました。

 

江戸川 乱歩から

    「わけのわからない小説」と評され

読めば一度は精神に異常をきたすとも言われた
奇書です。

 

表紙がちょっとあれですが・・・・

 

果たしてどんな内容なのか?

 

日本探偵小説三大奇書はドグラマグラの他に

  • 黒死館殺人事件
  • 虚無への供物
  • があります。



    ルゥーの一言感想
    理解がおいつかないけど・・・

    登場人物全員ミステリー・・・・
    読めば読むほど泥沼にはまっていく感じの1冊。
    でも精神崩壊はおこしません!
    ルゥー
    スポンサーリンク

    本と作家の情報etc・・

    作家 ・ 夢野 久作

     

    1889年生まれ。

      1936年3月11日(死去)。

    福岡県福岡市出身。
    父母が離婚したため、祖父・杉山三郎平に
    育てられ、弘道館述義と
    詩経、易経、四書五経を教え込まれる。

     

    異母兄弟らの中で孤立し孤独な少年時代を送る。

     

    1926年(大正15年)には、
    「あやかしの鼓」を雑誌『新青年』の懸賞に
    発表して二等に入選、作家デビューを果たす。

     

    1926年(大正15年)にのちの
    『ドグラ・マグラ』の原型となる
    『狂人の解放治療』を執筆開始する。

     

    1929年(昭和4年)に発表した『押絵の奇蹟』は
    江戸川乱歩から激賞を受けた。

     

    1936年3月11日、渋谷区南平台町の自宅で、
    父の負債処理を任せていたアサヒビール重役の
    林博を出迎え、報告書を受け取った後、
    「今日は良い日で…」と言いかけて笑った時、
    脳溢血を起こして昏倒し、そのまま死亡した。

     

    『引用:Wikipedia

     

  • タイトル ・ 「ドグラ・マグラ(上巻)」
  • 発売日 1935年 1月
  • ページ数 324ページ
  • ルゥー
    ドグラ・マグラ は映画や漫画、OVAにも
    なっています。
    ドグラ・マグラ (上)
    総合評価
    レビュー件数 123件


      

    ドグラマグラ上巻~あらすじ

     

    大正15年、 九州帝国大学医学部精神病科
    の地下の独房で目覚めた主人公。

     

    目覚めた彼は記憶を失っており自分が
    誰かもわからないず何故、こんな
    場所で寝ていていたのか考える・・・

     

    しばらくすると隣の独房から聞こえてくる
    少女の声

      「お兄様・・お兄様・・・」と

    少女はあなたの手によって殺された
    許嫁と名乗る。

     

    そして、

      「生き返り墓からはいでてここに来たました。」

     

      

      絶句する主人公・・・

    自分が誰かもわからない上自分の妻と
    なる女性を殺しその亡霊と喋っている。

     

    自分はおかしいのか、
    だから、こんな所に閉じ込められたのか・・・

     

     
    一人の男が主人公に告げる。

     

    彼は語る何故、君がここにいるのか・・

     

    殺人事件解決の為に君は精神病治療の
    実験台にされたと・・・

     

      失った記憶・・

    その記憶の中に
    殺人事件解決のカギがある。

     

    自分が一体何者なのか?

     

    生き返ったあの少女は一体・・?

     

    自分を取り戻すべく主人公は男と
    行動を共にするのだった。

     

    そして、正木敬之なる男が発案した
    精神病治療狂人の開放治療とは一体
    なんなのか?




    ドグラマグラ上巻~感想

     

    まずこの本が昭和10年に発売された
    事に驚き。

     

    内容は難しく素直に理解しがたく

      正木敬之・・イヤ 夢野久作、

    彼の頭の中はどうなっているのか
    どうしたらこんな発想が出てくるのか?

     

    気ちがい、狂人を引き起こすメカニズム。

     

    そして作中にでてくる胎児の夢。

     

    作者が10年もかけて作り上げたこの
    作品に異常性を感じる本でした。

     

    そして、読む事に苦痛を感じました
    決して読みやすい本ではない。

     

    ただ、この本の内容が可能であれば
    とても恐ろしくゾゾッとします。

     

    気ちがいとは脳みそ、精神、人間とは
    何なんですか・・・

     

    そんな問いかけをされた気分でした。

     

    こんな本も読んでます。
    スポンサーリンク
    おすすめの記事