ふざんな・・・ がっかり





今回は必ず2回読みたくなる
が謳い文句の小説

    「イニシエーション ・ ラヴ」。


 
 
監督 堤 幸彦さんにより
2015年5月23日映画化されましたね。
 

キャストは松田 翔太さん 、前田 敦子さん 他
公開前は キャストの前田敦子さんに批判殺到でしたが・・・

 
映画公開後はそんな評価どこいく風で
名演技だったと絶賛でした・・
 
 
 
ストーリーは知っていたので映画館で見るまでもないと
思って、みませんでしたが・・・
 
 
 
しかし、この小説をどう映像化したのか
そこは中々、興味深いです。

 

ルゥーの一言感想
最後に絶対「はぁっ?」

ストーリーのつまらなさに絶句するが、もしかしたら・・・
そこが作者の思惑どおりかも・・・てね。
ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

 
作家 ・ 乾くるみ
 
1963年10月30日 生まれ
 

静岡県静岡市出身、静岡大学理学部数学科卒業。
男性。
別名義である市川 尚吾(いちかわ しょうご)名義では
評論活動を行っている。
 
大学在学中に江戸川乱歩賞に初応募するが、
一次選考にも残らなかった。
大学卒業後はIT企業に就職し、ソフトの開発業に従事する。
 
1998年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビュー。
 
2004年に刊行した『イニシエーション・ラブ』はその年の

    「このミステリーがすごい」で第12位、
    「本格ミステリベスト10」で第6位と高く評価される。

『引用:Wikipedia』

 
 
 

  • タイトル・「イニシエーション・ラヴ」
  • 2007年 4月 10日 発売
  • ページ数  約250ページ(文庫版)
  •  

    イニシエーション・ラブ
    総合評価
    レビュー件数 704件

    2018年 8月時点でのAmazonでのレビュー評価です。

     

       
       

    イニシエーション・ラブ~あらすじ

    数合わせの為に参加した合コンで
    主人公 ・ 大学4年の鈴木は
    合コンで知り合った短髪の女性・繭子と
    付き合うようになる。

     
     
    2人の交際は順調に進み
    大学も無事卒業鈴木はやがて社会人となり

      2人の恋は遠距離に・・・

     
     

    やがて2人の間にズレが生じ始めるが・・・
     
     
    果たしてそのズレとは・・・
     
     
     
    「2回読みたくなる」が謳い文句の
    恋愛 斜述小説。

     

    イニシエーション・ラブ~感想

     
    2回読みたくなるに惹かれて購入し読んでみましたが

      ・・・・うーんでした。

     
    確かに最後の2行の文章で

     
     

      「はぁっ・・・?」と

     
     
    一瞬、頭の中がまっ白に・・・
     
    いままで主人公だと思ってきた人物が
    入れ変わっていて

      あんた・・誰・・?状態でした・・・

     
     
    これで、もう一度読み返したくなる気に
    確かに・・・させます・・・
     
     
     
    しかし、ちょっとこれは
    斜術トリックとしてはズルいと思いました・・・

     
     
    先入観を刷り込ませ読者を欺くとはちょっと違う斜術・・・

      勝手な考察に一人「うーん・・」とうなってしまう本でした。




    物語は男女の恋愛物語を軸に
    日々の坦々とした出来事を描いています。

     
     
    正直、面白いストーリーではなかったです。
     
     
    中盤まで読んでこれで一体どう2回読みたくなるのか
    さっぱりでした。

     
     
     
    つまらない恋愛ストーリーを淡々と読み
    最後の2行でグサリとこんな感じです。
     
     
     
    しかし、個人的な考えですが
    もし作者の意図がわざとストーリーをつまらなくし
    読み手に興味を失わせつつも
    このつまらない恋愛ストーリーを読ませる原動力、
    謳い文句の

      「必ず2回読みたくなる」の答えを知りたいが為に

    読み続けるだろうと計算して斜術を入れ込み
    入れ替わりの目くらましにしたのを隠す計算があったのではと・・・

     
     

      「必ず2回読みたくなる」を目にした時点で

    本を開く前からすでに作家の術中にかかっていた、と思うと
    凄まじい作品ではないかと思います。
     
     

    そういった発想はスゴイと感心しつつも
    やっぱりズルいとも思ってしまう・・・

     
     

    読後は二度と読むかと思いましたが
    後々、考察してみると僕の勝手な先入観と思考停止の
    読書による完全敗北です。
     
    読み手を欺く新たな手法だと思いました。

     
     
    僕のように頭真っ白「はっ・・・???」となるか。
     
    「やられたぁ・・」と思うか。
     
    「なるほど・・やっぱりね」と見破るか。
     
     
     

    苦行のつまらない物語を読み続け
    最後の2行を読んだ後
    この本の評価が初見読者1人1人によって大きく変わる本です。
     
     
     

    ただ、この本を読んで感じた事は
    2回読みたくなるの謳い文句よりも・・・・

     
     

    この本に登場するあの彼女にはドン引き・・・

      そこまでするか・・・そして、怖いっ!!

     
    彼女の不自然な行動と理由を推測すると・・・・

      ・・・ゾクッとします。

     

     

     

     

    こんな本も読んでます。
    スポンサーリンク
    おすすめの記事