密室殺人

S&Mシリーズ第四作目になります。

 

今作は題名も少し洒落てますね。

 

今回は春先に起きた密室殺人事件です。

 

 

森先生、好きですね~密室(笑)

 

この手の本は密室殺人のトリックを
考えながら読むのが楽しいんですよね。

 




ルゥーの一言感想
今回はラブコメ要素がちょっと多い・・・

不思議な雰囲気を醸し出す結城稔の
存在は良かったが、
肝心の密室殺人のトリックや動機が・・・

しかし、犀川先生と西園萌絵の変な会話は
面白い!!

ルゥー
スポンサーリンク

本と作家の情報etc・・

   

作家 森 博嗣(もりひろし)

   

   

1957年 生まれ 
愛知県 出身
 元 名古屋大学助教授

 

38歳の時『冷たい密室と博士たち』を応募
これが編集部の目に止まり
次作を要望され 「すべてがFになる」が
出来上がる。

 

当初 デビュー作は

    『冷たい密室と博士たち』であったが

2作目の 

    「すべてがFになる」のほうがインパクトが

強かった為
デビュー作は「すべてがFになる」になった。

 

以降も大学で
勤務しながらハイペースで作品を発表。

 

2005年 大学を退職。

 

同時期にデビューした京極夏彦とは
交友関係にある。

 

2002年 
PS1ですべてがFになるがアドベンチャーゲーム
すべてがFになる ゲーム化

 

2008年 押井守監督により
スカイ・クロラ
映画化

 

2014年 ドラマ化
武井咲と綾野剛のダブル主演
S&Mシリーズより5作品2話完結で放送。

 

2015年 すべてがFになる が初のテレビアニメ化
全11話。『引用:Wikipedia』

   




タイトル 「詩的私的ジャック」

 

    発売日  1999年 11月

ページ数 約330p

詩的私的ジャック
総合評価
レビュー件数 29件




詩的私的ジャック~あらすじ

 

S女子大に助手として赴任してきた
杉東千佳 。

 

月曜の朝いつもより30分早く出勤してきた
彼女はふと目に止まった
学内のログハウスに近づき 
ログハウスの中を少し覗き込んだ。

 

人影・・・マネキン・・?

 

と思われた、それは裸の女性の
死体だった・・・

 

その二日後その事件を知った
西之園萌絵は犀川創平へこの事件解明について
意見を求めようと彼と会ったが
犀川はまるで興味なし。

 

未だに手掛かりなし死因は絞殺
密室に加え死体の異常性。

 

裸体に刃物による傷はメッセージ的な
傷跡に見えたそうだ。

 

自分には関係ないそう思っていた
犀川だったが萌絵に食事に誘われて
向かったレストランで萌絵の叔父
愛知県県本部長、西之園捷輔と
捜査一課主任の三浦刑事が犀川を
出迎えていた。

 

早い話すでに警察は今回の事件にすでに
手詰まりを起こしていて犀川の協力を
仰ぎに来たのだった。

 

しかし、警察も非常に弱い
線でもありながら容疑者の目星は
つけていた。

 

その容疑者はロック歌手 結城稔だった。

 

その理由として殺害された被害者と
面識があり彼の書いた詩の
とおり殺されていた為であった。

 

そして、 結城稔の作詞のとおり
一人、二人と犠牲者は増える一方・・・

 

 

結局、巻き込まれる形となった
犀川であったがすでに彼は事件の
第一発見者、杉東千佳と
ホンの数時間前に彼女と接触、
さらに彼女の義理の弟結城稔とも
面識があった。

 

今日は色々と起こる日だと思い
煙草をふかす犀川創平・・・

 

彼はこれまでの事件の同様犯人の
動機、心情、トリックのすべてを見抜く
ことができるのだろうか・・・




詩的私的ジャック~感想

 

回を重ねるごとに探偵役の西之園萌絵の
行動、推理が大胆になっていき
犀川創平が徐々に
事件に興味を示さなくなっていく。

 

トリックは相変わらずの微妙さで
西之園萌絵と犀川創平の掛け合いと
犀川創平のトリック解体が見どころかなと
思います。

 

途中だるく感じますが、終わりまで読むと
次の物語が気になってしまう不思議な魅力の
あるシリーズだと思います。

 

徐々に主要な登場人物が増えていき
人間関係が面白くなって次に続く
S&Mシリーズ。

 

今回登場した人物たちも先の物語で意外な
登場と接点をもって再登場するでしょう。

 

意外な伏線もそこで暴かれるかもしれませんね。




こんな本も読んでます。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事