英語 中学レベルからの英語

社会人になって2~3年ほどたつと何故か
英語の勉強をもう一度、し直したいと思う
人が結構います。

 

英語の基礎は中学生で習う事が大半で
基礎がしっかり身につていないと後々苦労する
とも言われています。

 

  • 色々な英語の教材を見て勉強しても英文法が
    分かりずらく挫折した人。
  •  

  • 英語を勉強したいけど
    まず何をしていいのかわからない人。
  •  

  • 中学校の英語の教科書が分かりにくいと感じた人。
  •  

    そんな方に読んでほしい本です。

     

    ルゥーの一言感想
    英語超初心者におすすめ!

    英語の文法を日本語に置き換えての解説が
    とってもわかりやすい。
    中学生レベルから勉強し直したい方に
    おすすめの1冊だよ。
    ルゥー
    スポンサーリンク

    本と作家の情報etc・・

     

    著者:石崎秀穂

  • タイトル:基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1
  • ページ数:189p
  • 発売日:2007年7月
  •  

    基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1
    総合評価
    レビュー件数 52件




    基本にカエル英語 レベル1~内容

     

    項目は大きく分けて
    「HOP・STEP・JUMP」の
    3つに区切られます。

     

  • HOPでは
  • 「主語・動詞・目的語・補語」について。

     

    文法の基礎でもある
    主語・動詞・目的語・補語とは何かをまず
    理解する所から始まります。

      誰が(主語)・何を(目的語)・どうする(動詞)?

    補語が何かについてもきちんと教えてくれます。

     

    主語・動詞・目的語・補語が文章のどこに
    当てはまりどんな文章になるのかわかりやすく
    解説してくれます。

     

    主語・動詞・目的語・補語でまず日本語の
    文章を作りそこから英文に作りかえる為の
    語順についても教えてくれます。

     

  • STEPでは

  • 形容詞・助動詞について学びます。

     

    HOPで学んだ事の発展系です。

     

      動詞にingをつけて「~することが好きだ」
      や形容詞の「この花は○○色で珍しい」

    みたいな文章を作り形容詞・助動詞を
    理解できます。

     

  • JUMPでは
  • HOP・STEPで学んだ応用編になります。

     

    文章が少し長くなりちょっと難しくなりますが
    HOP・STEPで学んだ基礎さえきちんと
    理解していれば問題ない内容です。

     

      野球をする事は面白い。
      彼は音楽を聴く事が好きだ。

    ~を~することが○○だの英文を学べます。



    復習できるCD付き!

    付属のCDの内容は本で学んだ英文を聞いて
    学べます。

     

    復習する意味で車や電車の中で聴けるので
    便利です。

     


    CDの内容以外にも基本覚えていかなければ
    ならない主語によって、時によって変わる
    be動詞の現在形や過去形も収録されています。

     

    代名詞、助動詞、についても収録されています。

     

    代名詞:私、あなた、彼女たち、彼は、
    それ、それらは、それらのなど文章をつくる上で
    何をさしているのかなので基本覚えて
    おかないといけないものばかりです。

     

    助動詞:(can)~することができる、
    (should)~すべきだ、(will)~でしょう、
    などこれも文章を作る時に必要なので覚える
    必要があります。

     

    英語の文法を読んで理解し聞いて復習できる
    のでとても理にかなった内容になっています。

     

     

    中学レベルから英語を勉強し直したい!~感想

     

    英文法の基礎を学ぶにはとてもわかりやすい本です。

     

    なにがわかりやすいか、英語の教材なのに
    ほぼ日本語なので抵抗なく読めて勉強できます。

     

    そして解説がとても丁寧です。

     

    文章を構成するための主語とは、目的語とは、
    動詞とはをしっかり1つずつ日本語で
    教えてくれるのでまず文章というものを
    しっかり理解する事ができる。

     

    そこから英語にした場合へと移行していくので
    英文の中での主語はどれ、目的語などの単語がどれか
    わかるので「誰が」「なにを」「どうする」の
    英文で理解できるようになります。

     

    そして日本語と英語の語順の違いも教えてくれるので
    「ああ~なるほど」とよりいっそう理解が
    深まり納得できるのですんなりと覚えていけます。

     

    基礎の部分で疑問が残らないので英文法を
    受け入れていけるので英文のルールを
    自然と覚えていけます。

     

    これまで英語の勉強中になんでこうなるのかわからず
    モヤモヤしたものを解消してくれる内容です。

     

    これ1冊で簡単な英文を作るようになれます。

     

    英語で簡単な独り言をつぶやいてみたりして
    いけば単語を覚えたり、語彙力を高めていけると
    思いまので少しずつ英語に慣れていけるでしょう。

     

    to.is.a.the.be動詞は何?と思う方は読んで
    みてください細かいところまできちんと基礎を
    解説し教えてくれます。

     

     

    こんな本も読んでます。

     

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事