HoneyWorks 「大嫌いなはずだった。」榎本虎太朗・瀬戸口雛のイラストを描いてみました。コピック肌、髪の塗り方簡単に説明。

HoneyWorks 「大嫌いなはずだった。」の
イラストを描いてみました。

 

簡単にコピックと色鉛筆による
瀬戸口雛の髪の毛と肌、ほほの赤みなどの
塗り方の解説をつけてみました。



スポンサーリンク

HoneyWorks イラスト~画材

 

使っている画材について。

 

紙はケント紙、サイズはB4になりますが
ケント紙の厚みが0.29mmのケント紙を使った為
コピックののりがいまいちでした。

 

普段の通常サイズのイラストを描く時は
A4サイズのケント紙で厚みは
0.19mmのケント紙を使っています。

 

いつもはこちらの
A4サイズの
ケント紙(0.19mm)を
使用しています。

 

コピックはコピックスケッチと
チャオを使っています。




色鉛筆はSouyos 色鉛筆 50色セットを
使用しています。

 

とにかく1色ごとの色の種類が豊富なので
同じ色でも濃さ、薄さが違うので
明るい所、暗い所と使い分けに便利です。

いまいちな点は黄土色が
ない事ですね。




HoneyWorks 「大嫌いなはずだった。」イラスト~動画

 

YouTubeの方に描いてみたの動画を
投稿しましたので
良かったら見てください(*'▽')

 

TikTokの方にはフルで動画を30秒にした
動画を投稿しています。

@doshaburi

##ハニーワークス ##honeyworks ##大嫌いなはずだった ##瀬戸口雛 ##榎本虎太朗 ##描いてます ##描いてみた ##コピックメイキング ##drawing ##イラスト ##アナログイラスト ##色鉛筆 ##絵 ##illustration ##花江夏樹 ##麻倉もも ##模写 ##模写イラスト ##copic

♬ 大嫌いなはずだった。 feat. 榎本虎太朗・瀬戸口雛(CV:花江夏樹・麻倉もも) - HoneyWorks



  

HoneyWorks 「大嫌いなはずだった。」イラスト~まとめ

 

今回、描くにあたってまず
紙の選択をミスった事が痛かったです(笑)

 

いつもはA4サイズのケント紙を
使用していますが
今回は大きめのB4サイズのケント紙を
使用しましたが
A4とB4で厚みが違う事に気づかず
描いてしまいコピックを塗った時に
色の発色具合と色の、
のり具合が違う事にきづきました。

 

なんとか色々と誤魔化した塗ってみまいたが
大変でした・・・

 

厚みがある紙はコピックには向かないかなと
実感しました。

 

コピックは紙選びが結構重要なので
今回はいい経験になりました。



こんな記事も書いています

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 




 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事