虚脱感,鬱,儚いの記事一覧
秋の読書に叙述を絡めたホラー小説 「殺戮にいたる病」我孫子 武丸(あびこ たけまる)
犯した罪からは逃れない、読後は感慨深く面白かった小説。「罪と罰(下巻)」ドストエフスキー
華麗なるギャッツビー 悲しい本 切なくなる本 
高層 天国への階段 
足枷 鎖
少女 孤独 モノクロ アリスの夜 鬱小説
人類全体が試される「ハーモニー・プログラム」、美しくも儚い少女たちの結末は・・・~「ハーモニ―」 伊藤 計劃
殺し屋と人間のクズコンビが歌舞伎町を駆け巡る。「不夜城」第2部~鎮魂歌
徐々に闇落ちしていく主人公・・・虐殺器官による異常虐殺行為の目的は?~伊藤計劃「虐殺器官」
歌舞伎町 不夜城